情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

『オールスター後夜祭2018秋』で有吉弘行がハナコに詰め寄る場面が!しかし視聴者からは絶賛の声

2018/10/10 UPDATE
 
1,613 views

オールスター後夜祭

春に、本家『オールスター感謝祭」を上回る面白さと好評だった『オールスター後夜祭2018秋』が10月6日深夜に放送されました。

そんな中、2009年10月3日放送の『オールスター感謝祭』で起こった島田紳助さんの「東京03」恫喝事件を彷彿させるかのようか出来事が起こり注目が集まっているようです。

あの最悪の事件が再来か⁈

この日、直前に放送された本家『感謝祭』に出場した芸人に加え新たに126人の芸人が集結し、有吉弘行さんと乃木坂46・高山一実さんが司会を務めました。

そして事件が起きたのは番組開始から約30分が経ったころ。クイズで盛り上がりを見せる中、番組は一旦CMに。

CMが終わり放送が再開したと思った瞬間、画面には「キングオブコント」に優勝したお笑いトリオ・ハナコに怒りをあらわにして掴みかかる有吉さんの姿が映ったのです。


周りの芸人が有吉さんを止めに入り、ハナコも平謝りしてその場がなんとか収まったものの、中には本気の喧嘩と勘違いした人もいたようです。

(ここで改ページします)

ネット上の反応

しかしネット上からは、
・「有吉さんのハナコへの紳助パロディ死ぬほど笑った」
・「やっぱ元ネタ知らない人も多かったんだろうな。俺はめっちゃ笑っちゃったけど」
・「今回の後夜祭はこの紳助パロディやったから優勝w腹よじれそうなくらい笑ったよww 茶番としてやってる感ありありだったのにマジに受け取る人いるんだな」
など有吉さんを称賛する声が多く寄せられました。

有吉弘行が事の真意を告白

有吉さんは10月7日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(TOKYO FM)で、ハナコに掴みかかった騒動の真相を明かす場面が。
島田紳助さんのパロディを意識してやったものだと明かした上で、「それでもマジだと思ってる奴がいるだろうなって思ったの。そういうバカがいるんだろうなって思うと、『不思議な世の中になったなぁ』って」と思いを語りました。
元ネタが9年前のものだけに、パロディが伝わらない人がいても不思議ではありません。
しかし、本気とも捉えられる迫真の演技をした有吉弘さんもなかなかですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード