情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

覚醒剤麻薬中毒者の顔!見た目の特徴&症状でシャブ中を見分ける方法

覚醒剤は興奮作用があり依存性の強いことが特徴の麻薬です。覚醒剤の中毒者には見た目や顔などに独特な症状が現れ誰でも見分けることができます。
2018/06/07 UPDATE
 
24,710 views

覚醒剤という麻薬が蔓延

有名芸能人や一流スポーツ選手まで一度手を出したら中毒者にしてしまう覚醒剤。

痩せる、眠くならない

集中力が持続するなど魔法のような作用に主婦や学生までが手を出しています。

魔法のような力と引き換えになる代償は非常に重いこととは知らずに。

ます覚醒剤といえば注射器を思い浮かべるのではないでしょうか。

それはかなりの中毒者や常習者の手段で

最近では徹夜の仕事をこなすのに

炙って一服みたいなまるでタバコ感覚の普段使いがひそかに蔓延してるようです。

そんな覚醒剤を使用し続け、中毒者になるとどのような変化が起きるのか。

中毒者には独特な特徴が出るようになります。

覚醒剤をしたことがない人でも

これを見ればその症状を見分けることができるようになるはずです。

覚醒剤・麻薬中毒者の見た目の共通点と特徴

覚醒剤中毒者の特徴として、まず顔つきや目に変化があらわれます。

常習者になると顔つきや目以外に歯まで影響がおよび

雰囲気からして「この人変だな」と気付く人が多いのではないでしょうか。

季節にそぐわない格好

夏の暑い日でもおかまいなしに長袖を着こんでいます。

麻薬の中毒者は注射痕を隠すために

どんなに暑くても長袖を着ていることが多いです。

中毒者の腕には注射痕

炎天下の暑い日に、季節にそぐわない格好をしていると

まず警察などが注射痕を隠しているのではないか、と疑います。

この注射痕が発見されたら即御用になるでしょう。

人工透析の痕などと言い訳をしても麻薬検査を受けてバレることになります。

中毒者はサングラスを愛用する

常習者は瞳孔が開いているのを隠すため

よくサングラスをかけます。

逮捕された時もサングラスをかけ

脂ぎってるような薬中顔でした。

もうひとつ理由として

覚醒剤使用者は人と目を合わせられなくなる特徴があり

それを隠すためでもあるようです。

尋常じゃない汗と独特の体臭が特徴

覚醒剤の常習者は尋常じゃない汗をかきます。

自律神経がおかしくなり体温調整が出来きないため

真冬でも暑がったりします。


また、使用者からはシャブ臭というプラスチックを焦がしたような感じの独特で鼻を突くような体臭があります。

急に頬が扱けた

以前、覚醒剤取締法違反で逮捕された田代まさしさんですが

画像の顔を見比べると

頬が急激にこけて顎がとがっているのがよくわかりますね。

ご飯をほとんど食べなかったのか

かなりの薬中だったことがうかがえます。

歯がボロボロ

覚醒剤の常習者は歯がボロボロです。

生活習慣の変化から歯を磨かなくなったり

甘い飲食物をがぶ飲みするようになります。

覚醒剤中毒者の不自然な態度

中毒者の特徴、会話がかみ合わない


質問した内容とはまったく関係の無い答えが返ってきます。

顔つきも悪く、薬中の疑いが益々濃くなり早期逮捕に繋がったのかもしれません。

異様なテンションで呂律が回らない

ろれつが回らない程の早口で回答し

異様なまでのハイテンションです。

食欲がないから食事をしない

覚醒剤は痩せる?それを信じた高校生や中学生が使用して逮捕されるなど

麻薬の低年齢化が社会問題になっています。

麻薬を使用して12時間は覚醒状態が続き

睡眠や食事をとる必要性を感じなくなります。

常習者はやがて拒食症になり

顔つきがみるみるうちに痩せていくため

周りに気付く人がでてきます。

また、覚醒剤の特徴を知ってる人なら

「何か悪いことやってない?」なんて冗談混じりに聞いたりします。

覚醒剤中毒者の変わり果てた顔

この記事を読まれた方はこちらもオススメです!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード