情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

復讐代行業者の恐ろしい実態がヤバすぎる!詐欺にあわない為の対処法!

復讐代行業者を知っているだろうか? 人間生きていれば恨みをえてしまう相手がいるはずだ。 そんな悩みを解決される復讐代行というサイトがある。 その恐ろしい実態に迫る。
2018/08/09 UPDATE
 
2,683 views

復讐代行業者とは?

上司によるパワーハラスメントや同僚からのいじめに苦しみ、離職を決意する人は少なくない。

一方、「自分を追いつめた相手をやり込めたい」と、攻撃的な感情を募らせてしまう人もいる。

そして、そういった人間関係の「ゆがみ」を利用するビジネスが「復讐代行業者」である。



復讐代行業者とは、その名の通り「数十万~数百万円の報酬を支払えば、気に入らない相手に社会的な制裁を与えてくれる」という触れ込みの業者だ。

復讐代行業者がやってくれること

・いやがらせ目的のメールを大量に送りつける

・出前を勝手に注文する

・無言電話を何度もかける



このような手段でターゲットを

精神的に疲弊させ辞職やうつに追い込むようだ。

・いじめの現場を撮影し、その写真を送り付ける

・痴漢冤罪を仕掛ける

・ハニートラップで売春させ、写真を撮る

など、手の込んだものまであるみたいだ。


高額の支払いなのですが殺人まで請け負う業者もあるようだ。

復讐代行業者の恐ろしい実態

復讐代行を名乗る業者による詐欺といえば、05年に東京で起きた事件が有名だ。多摩市在住の女性が、不倫関係にあった男性の妻を殺害すべく“殺人請け負いサイト”で依頼したところ、サイトで知り合った男から「調査費用」や「薬品購入代」などの名目で、約10回にわたって1500万円を払わされたものだ。

 不審に思った女性が警察に相談したために事件が明るみに出たが、この事件では、詐欺被害を受けた側の女性も、暴力行為等処罰法違反の容疑で逮捕されている。

「こうした業者による詐欺には、『復讐を実行しない』というケースのほかに、『復讐を依頼したことをターゲットに伝える』と依頼者を脅すなど、最初から恐喝目的の業者が多い。

復讐代行業者に頼んだことにより、自分が詐欺にあってしまうケースがあとを立ちません。


復讐したいという気持ちを逆手にとった犯罪集団の可能性も十分ありえるので、このような復讐代行業者のサイトには依頼をかけないようにした方がいい可能性が良さそう。


恐ろしい実態で怖くなります。

詐欺に合わないようにするには?

業者に「復讐代行」を依頼してしまった人の中には、この方法に躊躇する人もいるかもしれない。「報復が怖い」「暴露されたらどうしよう」と思うことでしょう。


それを逆手にとり業者は脅してきます。


よく考えてみてください。「業者は、依頼者に危害を加えることはできない」ということがわかるはずだ。


復讐する相手にバラされたくなかったら金を払えという脅しは犯罪行為。


怖がる必要はありません。


仮に業者に頼んでしまったらしっかりと証拠を持って断りましょう。


とんでもない金額が請求される恐れもあります。

海外の復讐代行業者もあるらしい?

あるサイトでは18種類の復讐メニューを提供しており、復讐は「100%パーセント匿名で追跡不可能、驚くほど効果的」だそう。


・お値段 1ユーロ97セント。
・使用例 彼が浮気相手と会っているときに、彼の上司の名前で「至急」のSMSを送り、密会を中断させたいときに。



・お値段 3ユーロ96セント
・使用例 上司の許せない不正を発見したとき、重役の名前でメールをしてお灸をすえたいときに。


「違法じゃないの?」という問いに対し、同社は「過去に実行した復讐戦略のうち、いくつかはすれすれだったが、当サイトにあるすべてのサービスは100パーセント合法」と回答したようだ。


海外なので日本には関係ないかもしれませんが、申し込まないことをおすすめします。

ネットの声

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード