情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

セーブオンが全店舗閉店しローソンに!焼きまんじゅうの今後は?悲しみの声続出。

8月末に全店舗閉店のセーブオンについて。人気商品「焼きまんじゅう」の今後も調べてみました。
2018/08/03 UPDATE
 
446 views

セーブオンとは

北関東を中心に展開する中堅コンビニチェーン「セーブオン」

本社は前橋市亀里町。ベイシアグループのコンビニエンスチェーン。
本拠地である群馬県を中心に栃木県・新潟県・埼玉県・千葉県で展開。

「セーブ(save)」の名前どおりの少しでも安くて良いものを販売する“節約コンビニ”をめざしてきたセーブオン。
目玉の39円アイスや、172円の牛乳、102円の食パン(すべて税込)など、スーパーにも対抗しうるほどの価格と利便性を兼ね備えた存在でした。


地域密着型のコンビニエンスストアは、地元の人にとっては

コンビニ=セーブオン

というイメージもあったことでしょう。

セーブオンが全店舗閉店に

セーブオンがローソンとフランチャイズ契約を結んで、全503店を、2017年夏頃から2018年中に順次ローソンに転換。

セーブオンはフランチャイズのオーナーとして、ローソンに転換した各店舗の運営に専念するという発表をした。

発表後、本拠地である群馬県以外のセーブオンは次々に、閉店していき…

遂に群馬県の店舗も2018年8月末をもって全店閉店をする。

これには悲しみの声が続出。

セーブオン名物の焼きまんじゅうはどうなる?

群馬のセーブオンではいくつかの店舗で、【国定忠治茶屋】の焼きまんじゅうが販売されています。

8月末でセーブオンの全店舗が閉店することで、群馬県民のソウルフード焼きまんじゅうが手軽に買えなくなることが懸念されています。

セーブオンならではの商品で、群馬県の名物として知られる「焼きまんじゅう」の販売を転換後も継続するかどうかは

「現時点では未定。ローソンと協議するほか、顧客のニーズを踏まえて決断したい」(広報担当者)という。


ローソンへの転換後も群馬県限定で、今後も継続して販売してほしいですね。。

関連記事

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード