情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

SNSやる人は不幸になる!現代社会の闇!

SNSをやっている人はドキッとする話かもしれませんが、SNSをやる人は不幸になる確率が上がってしまうようです。 これは現代社会の闇かもしれません。
2018/07/23 UPDATE
 
434 views

SNSとは?

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(social networking service, SNS)とは、Web上で社会的ネットワーク(ソーシャル・ネットワーク)を構築可能にするサービスである。



広義には、社会的ネットワークの構築の出来るサービスやウェブサイトであれば、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)またはソーシャル・ネットワーキング・サイトと定義される。この為、コメントやトラックバックなどのコミュニケーション機能を有しているブログや、電子掲示板も広義的にはSNSに含まれることがある。



狭義には、SNSとは人と人とのつながりを促進・サポートする、「コミュニティ型の会員制のサービス」と定義される。あるいはそういったサービスを提供するウェブサイトも含まれる。



SNSの主目的は、個人間のコミュニケーションにある。利用者はサービスに会員登録をすることで利用できるが密接な人の繋がりを重視して、既存の参加者からの招待がないと参加できないシステムになっているものも存在する。



近年では、各国の企業や政府機関など多々な分野においてSNSの利用が進んでいる。首相官邸においてもFacebook、LINEなどのSNSを利用した情報発信を行っている。 また、社内でのコミュニケーションの活性化、情報の地域間格差の解消、SOX法対策のために、多くの企業が社内SNSを導入している。



また、Twitterに関しては、緩い「繋がり」(人間関係)が発生し、広い意味でのSNSの1つといわれることもあるが、Twitter社自身は、「社会的な要素を備えたコミュニケーションネットワーク」(通信網)であると規定し、SNSではないとしている。



多くのサービスは広告収入で収益を上げるビジネスモデルである。したがって、登録情報や様々にサービス側に蓄えられた履歴情報などをもとにターゲティング広告が、インフィード広告などでユーザーに露出する。



13歳以下の小学生や中学生が多数使用しているため、Facebook、Twitterは13歳以上の使用を可能とし、13歳以下のアカウントを全てロックするなどの設定を追加するようになる。

SNSやる人は不幸になる

他人と比べて「心配してもらえなかった」

その感情が、生活のすべてに影響を及ぼし、うつ状態やパニック症状を引き起こす場合まであります。あの人は裕福に見えるし、たくさんの友人に囲まれていて幸せそうなのに、自分は……と落ち込んでしまうのです。

先日もクライアントから、体調を崩した際に身近な人に全然心配してもらえなかった、という絶望感を訴えられました。自分とは違い、たくさんの友人に「大丈夫?」と声をかけられている(コメントがついている)投稿を見ると、本当に悲しくなるとのことでした。

そもそもSNSは、生活の中のごく一部を切り取った、リアルとも仮想ともつかない場です。投稿する側は、精いっぱい「充実した自分」を演出しようとしますし、また投稿を見る側は、そういったキラキラした投稿をさらに拡大解釈する傾向もあります。



SNS上の友達が数千人いても、真の友達は数人

その事実を示したのが、2016年にオックスフォード大のロビン・ダンバー博士が行った研究(2)。博士は、3,375人のフェイスブックユーザーを集め、みんながどれだけネット上で交流しているのかを調べあげました。そこでわかったのが、次のような事実です。



・どれだけ友達の数が多くても、コメントのやり取りをするのは150人ほど
・困ったときにネットで共感を示してれるのは、そのうち13.6人だけ
・さらに、困ったときに現実に助けてくれる「真の友達」は、4.1人しかいない


 この割合は、すべてのユーザーでほぼ同じでした。つまり、たとえSNSの友達が数千人を超えている人でも、実際に交流があるのは150人で、本当に親密な関係は4人しかいなかったわけです。



リア充アピールをするほど、逆にメンタルは悪化する

この疑問については、2013年にヒューストン大学が実験を行っています。152人の学生にSNSの使用状況を尋ね、そのうえで全員のメンタルヘルスと比較したのです。その結果は、次のようなものでした。



・SNSを使う時間が長い人ほど、鬱病の発症率があがる
・他人の投稿と自分の現状を比べる回数が多いと、さらに不幸になっていく



他人のリア充アピールを見て、「それにひきかえ自分は…」と思った経験は誰にでもあるでしょう。それが何度も続けば、少しずつメンタルが病んでいくのも不思議ではありません。しかし、この研究でおもしろいのは、他人の投稿に対して優越感をもった場合にも、メンタルが悪化していく現象が確認されたところです。


たとえば、友人がアップしたペットの画像を見て、「うちのネコのほうが可愛い!」と思ったとしましょう。それでも、やはり自分の精神には悪影響が出てしまうのです。SNSに友人が多ければ、当然、自分と他人の生活を比べる機会も多くなります。友人の投稿に対して劣等感を持とうが、優越感を持とうが、いずれにしても人間は不幸になっていくのです。




他人の不幸を喜んでしまう

SNSは、他人の生活を「見せつけられる」事も多いですよね。

いいことも悪いことも含めてタイムラインで流れてきたものを見てしまいます。



SNSで特に危険なのは「他人の不幸」。



「他人の不幸は蜜の味」

「他人の幸福は飯がまずい」



なんて表現がありますが、これは「自分が常に幸せでありたい」という人間の本能的に仕方がない事なのです。




しかしそれは裏返せば自分が何らかの劣等感を持っていたり他人と比較してしまっている証拠。

もっと言えば「他人の不幸で自分の精神状態を保っている」状態です。




これもやはり長い目で見れば人間関係にヒビが入る原因となります。

精神衛生的にもよろしくないので、「他人の不幸で喜んでいる自分」を感じた時は

少しSNSから離れましょう。



やっぱりSNSと不幸には相関が

リアルの対人コミュニケーションは全体的な幸福度を上げる
SNSの対人コミュニケーションは全体的な幸福度を下げる

というわけで、案の定といいますか、やっぱりSNSに不利な結論が出てしまいました。SNSに時間を使えば使うほど幸せじゃなくなっちゃんだ、と。




さらに細かな話を申し上げますと、



SNSを使ったコミュニケーションが多い人は、1年以内にメンタルヘルスを損なう可能性が高い
よく他人の投稿に「いいね!」をつけ、他人がシェアしたコンテンツをクリックする人ほど、人生の満足度、メンタルヘルス、体調のすべてが低下する傾向があった


だそうです。SNSのヘビーユーザーは、メンタルを損なうだけじゃなく、体まで崩しがちなんだそうな。

まとめ

SNS離れはさらに進んでいるものと思っていましたが、意外にも参加者は増えているんだそうです。


今一番多いユーザー層は「40代」で、いわゆるデジタルネイティブではない世代の増加が特に激しいみたいです。


SNSをやる理由が明確にない方は、SNSをやらないほうが幸せですよということ。


投稿というのは自分の鏡であって、慢心の人は、上から目線投稿。


自分に自信のない人は、画像加工しまくりの自撮り投稿。お金に不安がある人は、お金持ってますアピールな投稿。


が、無意識のうちにどこかしらに滲み出てしまうものです。


上から目線には奴隷気質の人が群がります。


詐欺写真には下心ジジイが群がります。


お金に群がるのはコバンザメばかりです。


誰も自分のソレを満たしてはくれません。




オレすごいだろう的な「自己顕示欲」、私を認めてほしい的な「承認欲求」が混じったような投稿をしてしまうと、「いいね!(+)」と思う人がいたとしても、それに負けないぐらい「イラっ!(ー)」としてしまう人も裏にはいるものです。



というか昨今のこのSNS離れは、みなさん「イラっ!」とする場面が少なからずあるからですよね。

どんなに聖人君主のような投稿をして、たくさんの人が救われたとしても、必ずそれをよく思わない人も一定数います。もうこれはしょうがないことです。



「+」のことをしたからといて
「ー」が帳消しになるわけなではなく、
「ー」は「ー」で別途貯まっていきます。



それが「何かが満たされない状態」となって、煩悩に苛(さいな)まれます。ここら辺は「業(ごう)」とか「カルマ」の難しいお話なので割愛。


「+」がたくさんある人であれば、少々の「ー」は気にならないのでしょうが、本当にそんな鉄の心を持ってる人いますかね。有名税だとか言って、我慢してるだけですよ。有名人ほど波乱万丈な人生を送ることも多々。



なので、業(ごう)を背負ってまでも成し遂げたい強い何かがある場合以外は、不毛なfacebook投稿はしないほうがよっぽど平和なままでいれます。



逆に、犠牲を払ってでも成し遂げたい何かがある場合には最適の媒体だと思います。



これまた恐ろしい話なのですが、実際に会ってしゃべる1時間よりも、facebookの1投稿のほうが、その人の人間性が明け透けに見えてしまうものです。



「むしろこの投稿で私の人間性を伝えたい!」


ぐらいの気持ちで真摯に文章を書くと、人からのいいね!やイラっ!はさておき、自分の「核」に自身で気づくことができて、生きる軸がブレなくなります。オススメです。




自分の人間性・価値観が相手に伝わるようにきっちり文字に起こすということは、本当に脳みそのシワが増える作業ですが、これこそがSNSをやる理由だと思います。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード