情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

太もも細くしたいなら足パカ!30日間続けて内ももに隙間を作っちゃお!

2018/08/10 UPDATE
 
44 views
  • 夏本番を迎えて、

    露出が多い季節になっていますが、

    太ももの引き締めは女性の永遠のテーマ。


    季節関係なく気になる部分ですよね。


    内ももの脂肪は特に手強く、

    細くするにはそれなりの努力が必要です…


    でも「疲れることはしたくない!」

    のが、本音ではないでしょうか。


    そこでSNSでも話題になっている、

    『足パカチャレンジ』に挑戦して、

    内ももに隙間を作っちゃいましょう!
  • 足パカとは

  • 「足パカ」とは、その名の通り、

    足を開いたり閉じたりパカパカと、

    動かすエクササイズの事です。


  • 足パカの効果

  • 足パカは美脚効果はもちろん、

    体幹が鍛えられ基礎代謝も向上し、

    痩せやすい体に近づくこともできます。


    さらに骨盤の矯正効果もあり、

    歪みが整いやすくなります。


  • 足パカのポイント

  • 足パカをする際のポイントは、


    足を閉じる動作の時に、

    しっかり内もも同士をくっつけることで、

    普段使いにくい内ももの筋肉に刺激が入り、

    引き締め効果が倍増するのです。


    腹筋にも力が入るので、

    腹筋の強化にも繋がります。


    さらに普段、動かす機会が少ない

    股関節も動くので下腹が強化され、

    ぽっこりお腹が凹む効果があります。



    パカパカと速く行うのではなく、

    開く時にゆっくりめに広げ、

    閉じる時はサッと閉じると、

    効果が上がりやすいです。
  • 足パカのやり方

  • 1.仰向けになり手の平を床につく

    2.足を天井に向かって伸ばす

    3.膝を伸ばしたまま真横に開く

    4.そのままの姿勢で閉じる

    5.繰り返す
  • 足パカの注意点

  • 出典: kawaiku.jp
  • 手軽に行える足パカですが、

    注意点もあります。それは、


  • “腰が反って痛めやすいこと”

  • 足パカのような動作を行うとき、

    反動で腰が反ってしまいます。

    それによって痛めることがあるのです。



    痛めないようにするには、

    しっかりと腹筋に力を入れて、

    腰を床に押し付けるように意識しましょう。

    腰と床の間に隙間ができないように注意です。



    これが辛い場合は、

    頭に手を置き、頭を少し上げ、顎を引きます。

    こうすることで、やりやすくなりますよ。



    また、呼吸は止めないようにしましょう。


    開くときに「吸って~」

    閉じるときに「吐いて~」


    と、呼吸を意識することで、

    全然効果が違いますよ。
  • 30DAYS足パカチャレンジ!

  • 足パカをやってみよう!

    と思った時に疑問に思うのが、


  • “何回やればいいの?”
  • ですよね!

    そこでチャレンジしてほしいのが、



  • 『30日間 足パカチャレンジ』
  • これは30日間のスケジュールを組み、

    30日間かけて足パカに挑戦するというもの。


    こちらがその30日間チャレンジのスケジュール






  • 初日は50回から挑戦していき、

    徐々に回数は増えていきます。

    4日行って1日休み、

    最終日には300回行うようにします。



  • 足パカクロスで更に効果アップ!

  • 足パカをする際、

    ただ閉じるのではなく、

    足をクロスさせることで、

    運動量がアップしてさらに効果的です!
  • まとめ

  • まずは試しに30日間。

    期限を区切ると取り組みやすいですよね

    終わった後の達成感もあるので、

    寝る前など気軽にやってみてくださいね。





コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード