情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

北条裕子の『美しい顔』に盗用疑惑が...出版社が異例の対応に・・・!!

2018/07/06 UPDATE
 
1,412 views

デビュー作がいきなり芥川賞候補で大注目!

7月18日に発表される、第159回芥川賞の候補作に選ばれた北条裕子さんの小説『美しい顔』。

東日本大震災で被災を経験した17歳の女子高校生の視点で書かれた短編小説は、今年5月に講談社が主催した群像新人文学賞でも受賞しました。

今回がデビュー作で、文学界の新たな才能として注目を集めていた北条さんですが、なんと盗作疑惑が持ち上がっているのです。

類似点が多すぎて盗作疑惑が!

事の発端は、『美しい顔』が震災を題材にした他のノンフィクション作品、5作品と類似表現が多々あることが明らかになったこと。

後にわかったのは、ノンフィクション作家・石井光太さんの『遺体』(新潮社)や、東北学院大の金菱清教授が編者となって被災者らの手記をまとめた「3.11 慟哭(どうこく)の記録」(新曜社)などを参考にした部分があるにも関わらず、参考文献として明示しないまま雑誌に掲載されていたのです。

特に、遺体安置所の描写はソックリで盗作疑惑が一気に広がるきっかけとなりました。

(ここで改ページします)

これにはTwitter上でも

・芥川賞候補作が盗用ってスゲー話だな。北条裕子とかいう作家は厚かましいにもほどがあるな」

・「北条裕子の無断転用疑惑、ちょっとヤバいのでは…。」

・「震災本で話題になった本から堂々パクって気づかないって編集者と選考委員は赤っ恥もいいところだな 」

など多くの批判が寄せられました。

さらに、北条さんは被災者ではなく、これまで被災地を一度も訪れたことがないことが明らかになっています。

そんな状態で、東日本大震災を題材に小説が書けるかと言われればそれは難しく、そもそも被災地に行ったことがない人間が震災を題材に小説を書くなら、参考文献があることは明らかですよね。

講談社が異例の対応に!

その後、7月3日に講談社から発表されたのは、なんと『美しい顔』の全文がホームページで無料公開されると言うこと。

なんでも、甚大なダメージを受けた北条さんの尊厳を守るため、また『美しい顔』の評価を広く読者と社会に問うための異例の対応のようです。

果たしてこれによって、北条さんに対する誹謗中傷が止むのか、はたまた騒動が広がってしまうのか?

どこからが盗用で、どこまでを参考・類似として許すかのボーダーラインが曖昧なだけに難しい問題ですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード