情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

コードブルーアワード「最も泣けた放送回」&「最も感動したセリフ」が決定!

映画『コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命』公開を前に、「コード・ブルーアワード発表イベント」が行われ、コードブルー ファンが選んだ「最も泣けた放送回」&「最も感動したセリフ」が決定!
2018/07/09 UPDATE
 
445 views

劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-

2008年7月期にフジテレビ系列で1st Seasonが放送され、平均視聴率、最高視聴率ともに同クール連続ドラマ内第1位を記録する大ヒットとなった連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。「リアルな医療・災害現場の描写」「患者とそれに接する人々が織りなす感動の人間ドラマ」「主人公たち5人の成長物語と絆」を描いた今作は、それまでの医療ドラマと一線を画する作品として多くのファンを生み、スペシャルドラマ(2009年)、2nd Season(2010年)、3rd Season(2017年)と次々に続編が制作され、いずれも好評を博した。そして、誕生から10年。すべての想いを胸に、「コード・ブルー」はスクリーンへ。シリーズ最大のスケール&スペクタクルで描かれる。

コードブルー ファンが選んだ「最も泣けた放送回」&「最も感動したセリフ」が決定!『コード・ブルーアワード』

■コード・ブルーアワードとは?



コード・ブルーアワードとは、

映画公式ホームページで実施された

TVシリーズ計3シーズン、

計33話の中から

『最も泣けた放送回』また

『最も感動した台詞』

などをファンが投票する

『コード・ブルー』ファンによる、

『コード・ブルー』ファンのための企画。

この投票には、

あわせて5000通の投票が寄せられ、

ファンと一緒に各項目別の1位を発表されました!

コード・ブルー 「エピソードアワード」

1.『最も泣けた回』 第1位



1stシーズン第6話:藍沢(山下智久)の祖母が運ばれてくる回。

2.『最も元気をもらった回』 第1位


3rdシーズン第10話:地下鉄の崩落事故で藤川

(浅利陽介)が巻き込まれた回。

3.『最も考えさせられた回』 第1位



2ndシーズン第8話:緋山(戸田恵梨香)

が患者を考えすぎるあまりに

医療過誤で訴えられてしまう回。

コード・ブルー「名台詞アワード」
次のページに続きます
(ここで改ページします)

コード・ブルー「名台詞アワード」

1.『最も感動した台詞』 第1位


#名台詞076

「ありがとう。君のおかげで、6人が生きる。

 君はこんな言葉、いらないかもしれないけど。」

(名取/有岡大貴)

2.『最も元気をもらった台詞』 第1位


#名台詞007

よくやった。

(黒田/柳葉敏郎・橘/椎名桔平・藍沢/山下)

3.『座右の銘にしたい台詞』 第1位


#名台詞100

先の見えない暗闇に一人佇み、

時に、心が折れそうになる。

この先、光が無かったら。

歩いた方向はまるで逆で、

光から遠ざかる結果だったら。

そんな時は思い出してほしい。

一人ではつらい暗闇を、

共に向ける仲間の存在を。

求めるのは光そのものじゃない。

光を一緒に探すことのできる仲間だ。

それさえあれば、歩き続けることができる。

ダメなら向きを変えて、また歩き出せば良い。

仲間とともに。(白石/新垣結衣・藍沢/山下)

コード・ブルー『最も感動した台詞』第1位にファン絶賛!

名取先生ロス続出!!

まとめ


大人気ドラマのコード・ブルー!

「最も泣けた放送回」

「最も感動した台詞」

どうでしたか?

みなさんの心に残っているものは

ランキングにあったでしょうか?


劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-

も大注目ですね!!楽しみです!!

こちらの記事もよく読まれています!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード