情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

幸色のワンルームは実在する事件だった!?女子中学生誘拐事件との共通点が…

2018/06/19 UPDATE
 
5,454 views

幸色のワンルーム

幸色のワンルームは、はくり原作のPixivで連載していた漫画です。

その後人気を博し、マンガ化。そして2018年の3月にはドラマとして放送が決定しました。

しかしテレビ朝日では関東地区での放送を見送る形となってしまったのです。

どうしてそうなったのか、そこに焦点を当てていきます。

幸色のワンルームはどんな話なのか?

幸色のワンルームは両親から虐待されて自殺直前だった14歳の少女が、

青年に誘拐されているというところから始まります。

青年は少女を毎日盗撮するストーカーでしたが、誘拐後も少女に危害を加えることをしませんでした。

それは少女を本当に大切に思っているからでした。

少女には名前がありましたが幸せになってほしいという意味で、幸という名前をプレゼント。

その後幸から「両親と警察から逃げられたら結婚しよう」と告白され、逃避行が始まるといったストーリーです。

ドラマ放送中止の経緯

ちなみにドラマは関東圏で放送休止になっただけで、関西圏では普通に放送されるようです。

休止に追い込まれた理由は、このドラマの内容が

実際に起きた女子中学生の誘拐事件をモデルにしている、さらにそれを肯定的に描いているからというものでした。

テレビ朝日としては「そういった事実はない」としながらも「総合的な判断から、放送を見送ることにした」そうです。

みんなの反応は…?

一方、こんな意見も……

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード