情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

結婚の挨拶のために彼の実家に初めて行ったら、彼と姪がとなりの部屋でまさかの行為に!?ドアを開けて突撃すると…!?

2018/06/12 UPDATE
 
17,294 views

悲劇の始まり

婚約の挨拶のために訪れた彼の実家。

食事会は彼の両親と4人で行われるはずでしたが、そこにはなぜか彼の姪の姿も。

食事会のあと姪を送りに行った彼はなかなか帰ってこず、帰ってきたかと思えば隣の部屋から「やだも~」「静かにしろよ」と怪しい音が…!

ドアを開け突撃した彼女が目にしたものとは!?

結婚の挨拶を兼ねた食事会で…

結婚の挨拶のため350㎞ほど離れた彼の実家を訪れた女性。

彼の両親には事前に2人揃って帰省することを伝えていたため、その夜レストランで食事会が開かれることに…。

当然彼・女性・彼の両親の4人での食事会になるかと思いきや、そこにはなぜか彼の姪の姿が!

そもそも彼の父親はバツイチで、彼の母親が彼父を略奪した挙句彼が生まれたというバックグラウンドがあり少々複雑な家庭環境だったようですが、この衝撃的な彼の過去を女性はこの時に初めて知ったのだとか。

同席することとなった姪は、彼より10歳年下、女性よりも5歳年下で彼父の前妻の産んだ娘(彼の異母姉)の娘という何とも縁遠くややこしい関係。

そんな姪がこの席にいるのは明らかにおかしいですが、会はにこやかに進み終盤へ。

彼はお酒を飲んでおらず、女性も「両親への挨拶の会」という緊張もあって飲んでいなかったのですが、姪は飲んでおり、彼は「姪っこちゃんが飲んじゃっているから送って来る」とそそくさと姪の車のハンドルを握り2人は消えていきました。
「飲んだ人間を送るのはいいけど、初体面の母親を私に任せて送りにいくのかよ~」と思いつつも残された女性は彼の母と共に彼の実家へ…。
彼はというと…?

怪しすぎる彼と姪

「送って来る」と言い残し姪と共に車に乗っていった彼。

姪の家は片道20分くらいのところにあると聞いていたし、初めて泊まる彼の実家でなかなか寝付けなかった女性はすぐに彼が帰ってくると思い、待っていましたが…

帰ってきたのはなんと5時間後!

しかも送るために行ったはずなのに彼の実家で姪の声が聞こえてくるではありませんか!

「なんでだよwなにしてたんだよw送って行ったんじゃないのかよw」と思わずツッコミを入れた女性の耳に飛び込んできた衝撃的な音とは…。

(ここで改ページします)

完全アウトな2人

「やだも~w」

「静かにしろよw」

「起きちゃうんじゃない?おばさん」

「知るかよwそれよりこっちこいよ」

婚約するほど愛していた彼とその姪と思われる2人の話声に唖然としつつも「何かの間違いかも!?」「どっきりかも!?」「緊張での幻聴!?」と聞こえてくる音は勘違いなのではないかと自分を抑える女性。

しかもここは彼のご両親もいる実家。

有り得ない状況に自分の取るべき行動を考えていると…。

隣の部屋から聞こえる会話が途切れ、ごそごそという物音と「う、、、ん」「あはん」といったささやき声が!

我慢の限界に達した女性はついにバシーーーーン!とドアを開けるとそこには…!?

案の定、行為真っ最中の彼は腰を止められず、突然ドアを開け現れた女性の方を振り返ってびっくりした様子で目を見開き、モノを突っ込んだまま果てたのだとか。

衝撃の後日談とは

その後、女性はもちろん婚約破棄。

そして姪は妊娠→中絶。

彼の父は、この夜の出来事が相当ショックだったようで寝込み、その後すぐ末期がんが発覚。

死亡。

彼の母はというと、姪の母(前妻の娘)に責め立てられ相当な修羅場を迎えたようです。

後日発覚したことですが、送りに行って帰って来なかった5時間は、ただ単に2人で飲んでいたようで、サシ飲みが盛り上がり、その勢いで実家についてきたのだとか。

姪は以前から彼を狙っていたようで、「あんなおばさん(女性)よりいいことしてあげる」とここぞとばかりに目一杯アピールして誘ってきたようですが…

彼も彼でクズすぎますよね。

こんな最悪な形での婚約破棄で、当然慰謝料が払われることとなりましたが、数年たった今も慰謝料は払われていないのだそう。

当時、彼は大企業勤務していましたがこの件が会社に知れ渡りやむなく退職。

ハイスペックでお金も持っていたはずなのに今や貧乏で、消息不明になっているようです。

姪の方にも慰謝料を請求し裁判で勝訴しているものの、こちらも逃げていて支払いはされていない状況。

裁判記録から、姪は今も実家に住んでいると発覚し、電話をかけたところ、「あなたのような人は知らないと姪は言っている」と家人が伝えてきたため、「姪さんの不貞行為による裁判をした相手なんですがそれでもご存じないんでしょうか」と続けると、「そ、そんなこと、、、ありません!」とガチャギリしてくる始末。

もう言葉も出てきません…。

最低な相手と婚約し、最低な姪との不貞行為現場を目撃してしまったこの女性。

「この話を当事者が読んで、まだ私が憎んでいるって知ってくれたらいいな」と語っていますが、女性が受けた心の傷は計り知れません。

本当に愛せる人を見つけ幸せになってもらいたいものですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード