情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

子供(娘)が中2の頃、いきなりグレてしまいました...→親である 私たちに向かって、とんでもない悪口や悪態をつくようになった・・・

2018/05/28 UPDATE
 
3,958 views

グレた娘に対する、親としての対応は

娘が反抗期で、中学2年の時いきなりグレて、親に向かってATMとか、高卒のくせに等と言ってきました。

*ATM・金融機関のキャッシュディスペンサーの意ではなく、「あなたの頼りを待っている。の略語」

面白半分に自分も、彼女の母である嫁さんも、子供以上にグレた振りをした。

実のところ、自分も嫁さんも元DON.

*DON・行動が粗暴で非常識といわれる行動をとり、更に知識や知能も乏しい人間

さすが、子供が生まれてからは、しっかり更生していました。

娘は、自分たち夫婦の思いがけない態度や、グレたような芝居に驚いたのか、一ヶ月もしないうちに泣いて謝まってきました。

具体的なグレたような芝居とは

嫁さんは金髪に、自分はEXILE風にラインを入れたり、食事はジャンクフード。

*ジャンクフード・栄養価のバランスを著しく欠いた調理済みの食品を言い、高カロリー、高塩分、他の栄養素であるビタミンやミネラル、食物繊維があまり含まれていない食べ物。即席麺やスナック菓子、ハンバーガー、ホットドッグなど

また、コンビニへ行き、夜中まで騒いだり、ゲームセンターやパチンコへ行きまくっていた。

そして、一段と声のボリュームを上げ、強く威嚇をするようにつとめました。

元々がDONなので、娘から尊敬されようとも思っていないし、そして、今まで当然、勉強を強要したこともなかったのです。

(ここで改ページします)

娘が悪態をついても、生意気を言ってもかまわず、娘が今、自分自身のやっていることの、良し悪しを判ってほしくて、恥を承知でやってみました。

勿論、言葉の上で叱りつけたり、暴力で押さえつけることもしませんでした。

娘の悪態は、単なる反抗期のかわいいもので、成長の証だと信じていたからです。

イタイ両親(非常識な両親)であることは自覚しているので、できるだけ娘を不自由にさせたくないと考え、全力で対応を頑張っています。

まとめ

娘が突然グレた状態を、自然に上手く導くことが出来たのは、両親が、かつて通った道であったからとも言えます。

娘さんの一時的な反発や悪態をつく心境は、この両親が誰よりも理解できる現実だからでしょう。

経験者だからこその親としての理解と優しさが、娘さんを正しい道に戻すことができたと言えますね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード