情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

個性的すぎる!!全身タトゥーで身体改造40か所以上の21歳男性とは…??

2018/05/16 UPDATE
 
5,416 views

全身タトゥー

その見た目は、”全身タトゥーさらに、舌も真っ二つ”という、超個性的な容姿の男性が話題になっています。

その男性はオーストラリアに住む21歳で、なんと11歳の頃から自身の改造に目覚め、すでに40か所以上の施術を行ってきたといいます。

彼は自称「世界で一番身体改造をしている若者」としており、目にもタトゥーを入れるほど。

そして「女性のメイクなどと同じこと」と男性は語っています。

こだわり

最近では、一般的になってきた美容整形。

そして、独自のこだわりで整形を繰り返す人がいるように、オーストラリアでも身体改造を繰り返している人がいました。

オーストラリアのニューサウスウェールズ州セントラルコースト在住のイーサン・ブランブルさんは、21歳の1児の父ですがその風貌は一般的な父親像とはかけ離れていました。

イーサンさんは、これまでの10年間でなんと40か所以上もの身体改造を行ってきたといいます。

最初は、11歳の時に両耳のピアスの穴を大きく広げたことで、17歳になる頃には激しい身体改造にかなり興味を持つようになり、舌を真っ二つに割れさせました。

しかし、この激しい施術は数日間イーサンさんの飲食を不可能にし、彼は「死に近付いた5日間だった」と語っています。

こんな死ぬ思いをしてもこの後も、イーサンさんの身体改造は止まらず「激痛も100%の価値がある」と彼は語り、鼻の両側にはピアスを貫通させ、おへそを除去、眼球には黒インクでタトゥーを入れました。

ちなみにイーサンさんは、タトゥー店で8年勤務していて、自身には150パターンものタトゥーが全身にあるそうです。

そんな自らを「変な容姿をした男」と呼び、彼の姿を見た人々は、やはりその強烈な風貌に目を惹きつけられるようで、「何故!?そこまでするの?」と女性に聞かれるという彼は、逆に「君は何故、髪の色を染めるのだ?何故、メイクをするのだ?何故、ネイルをするのだ?」と返すそうで、彼の身体改造は女性のメイクやヘアカラーと同じことという。

しかし、”人を見た目で判断すべきじゃない”という信念は、いつも持っているとコメントしています。

(ここで改ページします)

信念

そして、イーサンさんがこれまで受けた施術で最も怖かったのは、眼球に入れたタトゥーで、それは少しでも動くと失明の可能性があるためとのこと。

これほどのリスクを背負いながらも、身体改造を続けるイーサンさん。

自身のインスタグラムでもその姿を度々披露し、アカウントにはイーサンさんの魅力に取りつかれたファンも多く、現在6万人以上のフォロワーを獲得しています。

この度胆を抜くような見た目の彼に対して、様々な意見が寄せられています。

・メイクやネイルは落とせるけれど、彼がしていることはもう取り返しつかない。一緒にするのはどうかと思う。

・自分の体を虐待している。

・タトゥー店以外はどこも採用してもらえない。

・なんか気持ち悪い。

・見た目は確かに奇抜だけど、普通の見た目で人を批判する奴らより、よほどいいかもしれない。

イーサンさんに対しての意見は、様々ですが本人のこだわりや信念がしっかりしていれば、それこそ人を見た目で判断することはあってはならないことだと思います。

しかし、リスクはその倍以上にあると思いますので、皆さんは真似をしないほうがいいかもしれませんね。

コメント

1
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード