情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

バラの茎をじゃがいもに!?そこには意外な結果が!!

2018/04/30 UPDATE
 
15,269 views

じゃがいもに

生花などは数日で儚く散っていくものが多いですが、そこに長持ちさせることができるという裏技があるそうなので、ご紹介していきたいと思います。

せっかく貰ったり買ってきた花を長生きさせたい。

そんなときにできる裏技があるというのです。それは、花をじゃがいもに刺すということ。

あっと驚く方法ですが、これがすごいらしいのです。

早速次からそのやり方を紹介していきます。

やり方

まず準備するものとして、

• じゃがいも

• ペットボトル

• 土

• 植木鉢

を用意します。

どこでも手に入る簡単なものですよね。

まずは鉢に植えたいバラの茎を選びましょう。

はじめに茎の葉をすべて取り除き、花から5センチほど下の部分をななめ45度に切ります。

そしていよいよじゃがいもの登場です。

じゃがいもに茎の大きさに合わせて穴を開けます。

そして、茎を刺して、鉢にいれます。

この時大体6センチほど土を被せます。

(ここで改ページします)

そして最後にペットボトル。

これは温室効果があります。

あとは、スクスクと育つのを待つばかりです。

結果

そしてこれが結果です。

枝葉が伸びて青々と復活していますよね。

実はこの手法、世界中のガーデニング愛好家には有名な話です。

もし、元気がない花たちがいたら、是非試してみてください。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード