情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

危険!子供の食べ残しを食べたところ負の連鎖が!?実体験を投稿したツイートが話題に!!

2018/04/26 UPDATE
 
3,292 views

食べ残しはもったいない?

小さなお子さんと一緒に食事をしている時、ついついやってしまいがちなのが、子供が残したご飯を“もったいない”と言う気持ちから親が食べる行為。

食べ物を粗末にしないと言う点では、とても素晴らしいことですが、実はとても恐ろしい行為だと言うのです。

そこで今回は、そんな恐ろしさを身を持って体験したと言う話題のツイートをご紹介したいと思います。

考えもしなかった負の連鎖が!

Twitterユーザーの、むとむと@アイコン変更済(@m_t0mt0m)さんは、自身のTwitterで小さなお子さんを持つ親に対して『子供の食べ残しは絶対生ゴミへ捨てよう!』と呼びかけでいます。

なぜならば、むとむとさん自身が以前、以下のような体験をしたそうです。

(ここで改ページします)

まだ免疫力の少ない子供は病気をもらいがちです。

元気な潜伏期間には気づきませんが、実は重大な病気に感染しており、子供の食べ残しを通じて親も二次感染してしまう恐れがあると言うのです。

さらに、これから暖かくなってくると食中毒の危険性も増してきます。

お子さんが食べ残した物や、食べ残しそのまま時間が経ってしまった物などは思い切って捨てるようにしましょう。

心を鬼にして捨てることも大事!

日本人は食に対する意識も高く、食べ物を粗末にすることを嫌う人間性故に“もったいない”と言う気持ちが出てきてしまうのも当然です。

お子さんと一緒に食事をする場合、初めから多くの量を与えず食べ残しをしない程度にあげてみてはいかがでしょうか?

また、妊婦さんは二次感染によって最悪お腹の赤ちゃんに重篤な障害が出る可能性もあるので、子供の食べ残し食べるのは極力避けるようにしましょう。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード