情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

【閲覧注意】バイオハザードの世界が現実に…ゾンビになる薬が実在する...

【閲覧注意】バイオハザードの世界が現実に…ゾンビになる薬が実在。まじでヤバすぎる...
2018/03/19 UPDATE
 
936 views

【閲覧注意】リアルバイオハザードの世界…ゾンビになる薬が実在する...

バイオハザードといえば・・・

『バイオハザード』は1996年にカプコンより発売。

PlayStation用ホラーアクションアドベンチャーゲーム。


独特の手法を使ったゲームで、


「怖すぎる!」
「夜中に一人で出来ない!」


など、様々な声が上がる一方


タイムアタックなどを行い、最速クリアを


目指したり、やりこみ要素は満点です



映画にもなりましたよね^^

そんなバイオハザードですが、実は


人がゾンビになるという薬が


実在するんです。

まずはコチラの動画をご覧ください...
(ここで改ページします)

「フラッカ」という薬を摂取してしまった女性の映像

叫び苦しんでいた女性が突然追ってきて、


カメラマンは本気で逃げている。


正直、この後、何が起こったのかはわからない・・・



この動画の女性は、「フラッカ」と呼ばれる薬を



摂取したとみられています


幸い日本には存在しない薬のようですが



海外では、「ゾンビになる薬」


として、大変恐れられています



ヤバすぎる動画はほかにも・・・・

フラッカは非常に毒性が強く、更に中毒性もあり


この薬の摂取をすると

短時間でひどい妄想や幻覚症状が現れる。

あまりにもひどい幻覚から、興奮状態に陥り


街中を走り回ったり
他人に急に殴りかかるような危害を加えたり
人を食べようとすることもあるらしい。



まさにリアルバイオハザード。



フラッカにより海外では多くの被害が出ています

海外では安価で手に入る恐ろしい薬

フラッカは中国でせいぞうされているようで


アメリカには

研究用化学物質

と偽った状態で流通。



そして、このフラッカの値段がとにかくやすすぎるのです


驚きの値段は・・・?
(ここで改ページします)

フラッカは服用1回あたり

3ドル(約350円)ほど

学生など、お金をあまり持っていない人でも


手に入る値段の為、海外では「5ドル(約600円)の狂気」



との別名があるほど。


服用してしまった人は、やはり”研究用化学物質”として



騙されてしまったのでしょうか?


自ら進んでこんな薬飲みたい人はいないでしょうし...

まとめ

フラッカという恐ろしい薬は


安価で手に入る上、人を人でなくする薬のようです


恐ろしい…

いかがでしたか?この記事をイイねシェアツイートいただけたら、励みになります

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード