情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

朝青龍ブチギレ”コロコロコミック落書き問題”3月号販売中止へ

朝青龍ブチギレ”コロコロコミック落書き問題”3月号販売中止へ・・・どんな内容だった?
2018/03/06 UPDATE
 
205 views

問題になったのは、小学館「コロコロコミック3月号」


「やりすぎ!!!イタズラくん」で、



モンゴルの英雄チンギス・ハンの肖像画に


落書きしたページがあり、これを知った元横綱・朝青龍が

「あれ得ない!悲し涙!大好きな日本人がこんな風に」
出典:

っと画像付きで批判。
ネット上で批判が相次いだ上、


在日本モンゴル大使館も公式フェイスブックページに


「月刊コロコロコミック(3月号)で、モンゴル国の歴史と文化だけではなく、日本の政府、国民のモンゴルとの友好関係を強化し続けたいという意志までも見下すような内容の、道徳性の欠如したイラストが掲載されました。

これは単なる非道徳的な行為だけではなく、わいせつ物頒布、児童の権利の保護に関する日本の法律にも違反していると考えています。

したがって、このような非礼な行為を非常に残念に思い日本外務省に抗議の意を示すとともに、この件に関して法律の下での適切な対応をしていただけることを期待しています」(原文はモンゴル語。翻訳・バークレーハウス語学センター)

と、抗議文を記載していました

在日モンゴル人がデモ活動を起こした

落書き問題に関し、小学館は謝罪しましたが


納得できない在日モンゴル人がデモ活動を


起こしました

それもそのはず。



日本人の多くも、チンギス・ハンが英雄という認識が


強いですが、モンゴル民族にとって、チンギス・ハンは


現在でも崇拝・敬愛・信仰される存在。


さらに「ボグド・チンギス(聖なるチンギス)」と


呼ばれるほど。



在日モンゴル人の人々からは

出版社として認識不足、誠意に欠ける

との声が多数上がっていました


コロコロコミック3月号に掲載され問題になった



ページがコチラ

(ここで改ページします)

この騒動を受けて、3月6日



コロコロコミック3月号の販売中止



公式ホームページでは

「『コロコロコミック』3月号については、販売中止とし、書店様にすみやかな返品をお願いすることといたしました。

また、『コロコロコミック』3月号をお買い上げいただいたお客様で返品を希望されるお客様に対しては、定価相当を返金いたします。

その方法については、詳細が決まり次第、弊社ホームページ上に告知いたします」
出典:

っとコメント。


個人的に考えても、炎上騒動になるのは仕方ないと


思いました。


そして、なぜか朝青龍が呟いたツイートは削除されており


なぜ?との声も多く上がっていました

ネットの声

筆者も小学生の頃、コロコロコミックも読んでましたが


これをきっかけに廃刊にならないことを祈ります・・・・

いかがでしたか?この記事をイイねシェアツイートいただけたら、励みになります^^

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード