情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

魔女の宅急便 黒猫ジジがしゃべれなくなった理由が明らかに。意外すぎてびっくり!

2018/07/24 UPDATE
 
2,061 views

キキはなぜジジの言葉が分からなくなったのか!

魔女の宅急便は、


スタジオジブリの長編アニメ映画で、


1989年に公開されました。


30年近く前の作品にはなりますが、


「となりのトトロ」や「火垂るの墓」


と共に、今もなお世代を問わず愛され続けている


映画のひとつですよね!


主人公は魔女見習の女の子「キキ」で


魔女として生きていくために、


13歳の満月の夜に「魔女のいない町」を目指し、


愛猫の「ジジ」と旅立ちます。


そして新しい街で「魔女の宅急便」としての


生活がはじまり、街の人たちとの関わりの中で


成長していくキキの様子が描かれています。


思春期の複雑な女の子の心境が現れた作品なので、


大人になってから見てみると、


ああ・・私もこんな時あったなあ・・と


懐かしくなる方も多いのではないでしょうか。

キキと黒猫ジジの関係

黒猫ジジはキキの相棒として


魔女の宅急便の中でとても重要な


キャラクターです!


一説によると、魔女の家で女の子が誕生すると


同じ日に生まれた猫を探して


生涯のパートナーにするという


言い伝えがあるのだとか!


だからキキも黒猫を相棒としているのですね。


ちなみにキキが13歳ということは


ジジも13歳!お年寄りの猫だったんですね。


そして、忘れてはいけないのが、


ジジは人間の言葉を話すということ!


しかしその声が聞こえるのはキキだけで


他の人には聞こえないようです。


ジジはキキに様々な助言をし、


よき相棒として暮らしていくのですが、


ある時キキもジジの声が聞こえなくなってしまいます!


その理由をご存知ですか?


なんと意外な事実が判明しました!

ネットでの憶測

キキがジジの声を聞けなくなってしまった


理由として、ネット上でも様々な


憶測が広がっています。


ジジがエンディングで


他の猫と寄り添っていることから、


ジジが恋をしてしまった為


魔力がなくなってしまった。


という説や、


反対にキキがトンボに恋をしてしまった為


魔力が無くなってしまった。


という説などが挙げられています。


しかし、実は魔力は全く関係ないという事が


宮崎駿監督がとあるトークショーで


話したことから判明しました。


ではキキがジジの言葉が分からなくなった


本当の理由をご紹介します。

ジジは元々人間の言葉を話してはいなかった?!

なんと!衝撃の事実!


ジジはただの普通の黒猫だったというのです!


では、なぜキキは声が聞こえたのでしょう?


キキに動物の声が聞ける魔力が


あったからでしょうか。


残念ながらそれも違うようです。


なんと、ジジの声はキキの


心の声だったというのです!

ジジの声は元々キキの


心の中の声であり、


13歳という若さで独り立ちした


キキの不安定な心を紛らわすための


方法だったのかも知れませんね。


キキが様々な出来事を経験した結果


心が成長し、ジジの助言が


必要なくなったので聞こえなくなった


ということでしょう。


宮崎駿監督のコメント内容と同様の内容を、


鈴木プロデューサーも解説しています。

また、魔女の宅急便は


魔女が出てくるという架空のお話では


ありますが、どこにでもいる


普通の思春期の女の子を描いた


お話なのだそうです!


新しい年になり、新しい場所で


新たな生活が始まる時って


誰でも期待と不安が高まりますよね!


魔女の宅急便は、


そんな誰にでも経験しうる状況を


魔女の女の子で表現した映画だったのです。

まとめ

ジジの声が聞こえなくなった理由が


魔力と全く関係なかったのには驚きましたね!


しかし、慣れない環境で新しいことを始める


不安は誰でも大きいものです。


猫の手も借りたくなる。


そんな気持ちになってしまうのは


共感できますよね。


私自身猫を飼っているので、


たまに疲れた時に愚痴を聞いてもらったり、


一人二役をしてしまう気持ちもとても分かります(笑)


動物を飼っている人にとっては


あるあるではないでしょうか?


この事実を知った上で、


キキの心境の変化などを追いかけながら


作品を改めて見てみると、


また違った見方で楽しむことができるかも


しれませんね!

コメント

1
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード