情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

スマートフォンのメッセージ欄を見た父親が思わず涙…祖父と孫娘との心温まるやり取りとは??

2018/02/28 UPDATE
 
938 views

祖父と孫娘の思わぬ繋がり

スマートフォンは、単に情報をやり取りするだけのツールではなく、時にメモ帳や備忘録としての使い方もなされるものです。

そしてそれらは、何かのメッセージとしても機能します。

今回ご紹介するのは、イギリス在住のジャーナリスト、ジェームズ・オブライエンさんとその娘さんの、スマートフォンを巡る、心温まるエピソードです。

ジェームズさんの父親、つまり娘さんにとっては祖父に当たる方は、5年ほど前に亡くなりました。

しかし、祖父と娘の繋がりは思わぬところに残されていたのです。

1台のスマートフォン

ジェームズさんはある日、幼い末娘にスマートフォンをあげました。

その端末は自分の使い古しで、それを用いて娘さんはゲームなどをプレイしていたといいます。

そして、スマートフォンにはジェームズさんの用いていたアドレス帳が残っていました。

娘さんは、そのアドレス帳に祖父の名前を見つけたのです。

(ここで改ページします)

2通のメッセージ

ある時、ジェームズさんは娘のスマートフォンの画面を眺める機会がありました。

するとそこには、驚きのメッセージがあったのです。

それは、娘さんから今は亡き祖父へと宛てた2通のメッセージでした。

1通目は天国へ行った祖父を案じつつ、自分の人生への感謝と祖父への愛を綴ったもの。

2通目は自分と姉の年齢を報告しつつ、祖父からの贈り物は愛だったとするもの。

どちらも、祖父への感謝や愛の溢れたメッセージだったのです。

もちろん、送信先である祖父のアドレスは消失していますから、メッセージには“Not Delivered”(送信不可)の表示が出ていましたが、それでも彼女には祖父へと伝えたい想いがあったのでしょう。

ジェームズさんによってこのエピソードが紹介されると、Twitter上でも多くの反響がありました。

天国の祖父へと宛てた9歳の娘さんのメッセージ。

どこかロマンチックで、心温まるエピソードですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード