情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

歌舞伎町ぼったくりバーキャバクラこんな客引きは信じるな・・・

歌舞伎町ぼったくりバーキャバクラこんな客引きは信じるな・・・
2018/02/25 UPDATE
 
1,320 views

ぼったくられた「1人4000円」が「3人で36万円」

新宿・歌舞伎町で
“ぼったくりキャバクラ”に遭遇した。
客引きに「1人1時間4千円」と
連れて行かれた店の請求額は3人で
「1時間36万円」。

過去には支払いを拒んだ客が
従業員から暴行を受け
最悪の場合、死亡するという
悲惨な事件も起きている。

1人4千円のはずが30倍に…

歌舞伎町の居酒屋で知人2人と飲食した後
「もう一軒行こうか」と歩いていると

「キャバクラ1時間4千円どうですか。
かわいい娘そろってますよ」

と男性が声を掛けてきた。

まあキャバクラでもいいかと思いついていくと

 「いらっしゃいませ」。

30人くらいのホステスが一斉に立ち上がった。
店内には大きな水槽があり、豪華な雰囲気だった。
おつまみなどのフードが提供され
飲み放題とされるシャンパンが注がれた。
乾杯後

「私たちが飲んでも料金関係ないから」

とホステスたちもどんどんグラスを空けていく。
他の客たちも続々と来店し、盛況だった。

他愛もない会話をしてあっという間に1時間
延長は断り、店を出ることに。
会計へと臨んだ。

「こちらになります」

ボーイが示した請求書に
記載されていた金額は36万円。
内訳は1人あたり
セット料金1万円、チャージ料7万円、
飲み放題だと聞いていた
シャンパンも数万円に上っていた。

ぼったくりをめぐっては
睡眠導入剤を飲まされ路上に放置されたり
支払いを拒んで従業員から暴行を受けたりして
死亡するという痛ましい事件も起きている。
不安もあったが、やはり
「納得いかない」という思いが強く
できるだけ値引き交渉をしてみることにした。

「1人4千円と聞いていましたが…」

 ボーイ「いえ、こちらになります。女の子も結構、飲んでますしね」

「そういう話ではなかったんですが」

 ボーイ「4千円とは誰が?」

「キャッチ(客引き)の人ですね」

 ボーイ「私どもはそういう話は聞いていません」

「いえ、話が違うのでこの額は支払えません」

 ボーイ「そうですか。ではその案内したスタッフに確認してきます」

(ここで改ページします)

ボーイ「案内したスタッフが他のお客さんを迎えに行ってまして、電話つながったんですけど、テーブルチャージはいただかないとお伝えしたみたいですね。でも、うちはキャバクラとは違って時間制ではないので、閉店までいても値段が変わらないというシステムでやらせてもらっているんです。で、ご紹介したのはお知り合いの方ですか?」

「違います」

 ボーイ「そうなると、うちとして女の子を付ける人数
とかでやらせてもらっているので
難しくなってしまうんですが」

 

「ですが、さすがにこの金額は払えないので…。
そのキャッチの方の顔を覚えてますから
その方を交えて話しましょう」

 ボーイ「分かりました。責任者にちょっと確認してきます」

 《さらに数分後》

 ボーイ「うちとしても初めてのお客さまと
こじれるのは嫌なので
ただシャンパンだったり
フードとか出させてもらっているので
最低でももう少しいただかないといけないと」

脅迫的な取り立てなどを禁じており
これまで警視庁も脅迫的な請求を摘発してきた。
これまで大学生3人が24万円を威圧的な
態度で支払わされたり
支払いを拒んだ客がトイレ掃除などの
強制労働を強いられたりするケースもあった。
逆に言えば正当な請求であれば摘発されない。
店側もこうした事情を熟知しているとみられ
丁寧な言葉遣いを心掛けているようだった
出典:

「4千円は無理ということですか」

 ボーイ「それは絶対に無理ですね」

「そうするといくらなら良いのかということですが、例えば1万円とか」

 ボーイ「うーん、責任者に確認してきます」

 《10秒ほど後》

 ボーイ「責任者に伺ったところ、1万であれば何とかやらせていただけるかなということでした」

「それ以上は無理ですか?もう少し4千円に近づけてもらえないか」

 ボーイ「もちろん無理ですねー。だって本来はチャージ料をいただいて…」

「ですからその話は聞いていないんですが」

 ボーイ「ウチもご予約という形で受けて
本来ならお一人さま12万円とかで
やらせてもらってるんですけど
そこはいただかない代わりに1万円であればなんとか
と言っているんです。
実際クラブなんで女の子も時給とか高いんですよ」

「では倍の8千円で」

 ボーイ「無理です。無理です」

「そうですか。分かりました」

「あきらめて」
というよりは
「逆にそんなに割引してくれるんだ」
という錯覚に陥っていた。
計3万円を支払い店を出た。

「客引きの言うことを信じない」の徹底

そもそも『キャバクラ』といわれて
入ったのかもしれないけど
店側が『クラブ』と主張していたら
クラブなんだからいくら請求されても仕方ない

「キャッチが嘘をついていたのだったら
あの店はいわゆるぼったくりなんだろうけど
遊び方を知らない客も客。
知らないキャッチについていくなんて…

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード