情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

お笑い芸人の最高月収が10年で1/10に減少していた!減少の原因は?

テレビで活躍しているお笑い芸人の人たちはさぞ稼いでいるだろう。と思いますよね。 でもこの10年でその収入がおそろしいぐらいに激減しています。
2018/02/20 UPDATE
 
166 views

お笑い芸人の最高月収

テレビで活躍するお笑い芸人さんたちはさぞ儲かっているんだろう!

って多くの人が思っていると思います。

もちろん大御所の芸人さんたちは変わらず稼いでいるようですが、一発屋など、若手芸人さん達の最高月収はここ10年で1/10になる事態に。

まずは10年ほど前に売れた芸人さんと、その最高月収から見ていきましょう。

波田陽区

ギター侍で一世風靡した波田陽区さん。

テレビ番組で自身の最高月収を暴露していましたが、その金額は

2,800万円!!

最近では全く姿も見なくなりましたが、絶頂期はこれほどまでに稼いでいたようです。

レイザーラモンHG

ハードゲイキャラでおなじみのレイザーラモンHGさん。

「フォー!!」でおなじみのネタで活躍してました。

レイザーラモンさんの最高月収は

1,200万円!!

HGさんはほとんどテレビで見なくなりましたが、相方のRGさんはちょくちょくテレビで見かけますよね。

長州小力

パラパラネタでおなじみの長州小力さん。

長州力ネタだけでなく、ギャル層からもパラパラネタで支持を得ていました。

そんな長州小力さんの最高月収が

2,000万円!!

当時は一度ブレイクすれば1,000万以上の月収が当たり前だったんでしょうか・・・。

ヒロシ

自虐ネタで大ブレイクしたヒロシさん。

甘いマスクから女性のファンも多かったようです。

そんなヒロシさんの最高月収が

4,000万円!!

よ、よんせんまん!?

サラリーマンの10年分の給料を一ヶ月で稼いでいたんですね!

小島よしお

「そんなのかんけいねぇー」で大大ブレークした小島よしおさん。

当時は小学生がみんな真似するほどの人気っぷりでした。

そんな小嶋さんの最高月収が

1,300万円!!

もっと多くても良さそうに思いますが、他にブレイクした人たちと比べると少ないようにも思います。

なぜこんなに月収が多いのか

当時は「着ボイス」が非常に流行っており、多くの若者が着ボイスをダウンロードしておりました。

その印税がかなり大きかったようで、レイザーラモンさんは着ボイスの収入だけで500万ほどあったようです。

最近ブレイクした芸人の収入は1/10!?

ではここ最近ブレイクした芸人さんはどれぐらいの収入を得ているのでしょうか。

10年前と比べおそろしく低い額になっています。

(ここで改ページします)

メイプル超合金のカズレーザー

ネタだけでなくMCとしても最近は活躍するカズレーザーさん。

非常に多くのテレビ番組で見る機会が増えてきましたが、カズレーザーさんの最高月収が

180万円!!

それでも十分多いとは思いますが、10年前と比べるとその差は歴然ですよね。

トレンディエンジェルの斎藤司

ハゲネタでおなじみのトレンディエンジェルの斎藤司さん。

なぜだか男前に見えてしまう不思議な魅力があります笑

そんな斎藤さんが

300万円!!

これといった番組はありませんが、いろいろな番組に満遍なく出演しているので、もっと稼いでいるのかと思っていました。

とにかく明るい安村

「安心してください。履いてますよ」

で大ブレイクのとにかく明るい安村さん。

一発屋として一時期はテレビに引っ張りだこでした。

はじめに紹介した10年前にブレイクした芸人さんたちと同じ「一発屋」の口分になるかと思います。

では今の一発屋だとどれぐらいの収入になるのでしょうか。

とにかく明るい安村さんの最高月収は

180万円!!

10年前の一発屋と比べると、その額は歴然ですよね。

なぜここまで収入が下がったのか

昔は少し売れれば「着ボイス」などの副収入もあったが、今はLINEスタンプがその位置づけになるだろう。

しかしLINEスタンプは着ボイスと比べると、そこまで収入につながらないようだ。

またテレビ離れによる制作費の削減も直撃しているのではないだろうか。

お笑いブームにより、芸人さんの数が非常に増えたのも原因の一つにあると思う。

いずれにせよ、お笑い業界が非常に厳しくなってきているのは事実だろう。

まとめ

昔の一発屋と呼ばれる芸人さん達でも、数千万クラスの収入があったんですね。

一般の人からすれば想像もできない金額ですよね。

それに比べたら、今はたしかに少なくなってますが、それでも我々からすれば十分すぎる収入だとは思っていましますが笑

売れるまでの苦しい時間を考えると、お笑い業界は非常に厳しくなってきているのかもしれませんね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード