情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

シェフ直伝!!良いジビエ料理店を見分けるコツとは??

2018/02/28 UPDATE
 
501 views

ジビエ料理の見分け方

ジビエ料理というものを皆さんご存知でしょうか。

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、天然の鳥獣を捕獲して食材に使ったものをジビエ料理といいます。

代表的なものは鹿やイノシシ、鴨や鳩などでしょうか。

どれもスーパーなどでは手に入りにくいものばかりです。

なので普段良く目にする牛肉や豚肉に比べて品質が分かりにくいのです。

例えばジビエ料理店で鹿やイノシシの料理が出てきたとしましょう。

もし品質に問題があった場合でもなかなかそれを見抜くのは難しいと思います。

それは食べ慣れていないからです。

今回は良いジビエ料理店を見分けるコツをシェフが教えてくれました。

イタリア料理店「アレコ・レーノ」

天然の鳥獣を使用するジビエ料理は、品質が悪かったりすると生臭さが残るそうです。

埼玉県春日部市にあるイタリア料理店「アレコ・レーノ」

このお店のシェフは料理はもちろん食材も自身で調達しているという徹底ぶり。

自分が良いと思った食材を自分で調達できるので信用できます。

早速シェフのジビエ料理をご覧ください。

(ここで改ページします)

コース料理の一部

メインのエゾシカのロースト、とてもきれいですね。

ソースには味噌を使用しており、エゾシカにとても合うんだとか。

食べてみたい。

また料理に使用するハーブは無農薬の自家栽培、シェフが全て手作業で育てています。

美味しいジビエを提供する店を見分けるコツ

「銃弾は鉛を使用していないか」「産地の安全性は確保できているのか」というのが大事みたいです。

実際にシェフに産地などを聞いてみるのがいいかもしれませんね。

シェフがどれだけジビエに対する知識を持っているかが大事です。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード