情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ハリセンボン箕輪はるかの小学生時代がかわいすぎる!どうしてこうなった・・・

ハリセンボンの箕輪はるかと言えば、歯並びが悪く妖怪のような雰囲気も漂っていますよね。 しかし!!!彼女の幼少期は、とてつもないぐらいかわいいんです! 早速ご覧ください!
2018/02/06 UPDATE
 
8,462 views

ハリセンボン

お笑いコンビとしてバラエティ番組で広く活動しているハリセンボンのお二人。

角野卓造じゃねーよー!などのツッコミもインパクトがあって面白いですよね♪

今回ご紹介するのは、相方の箕輪はるかさん。

お世辞にもかわいいとは言えませんが、彼女の小学生時代は、とてつもなくかわいい子供だったんです!!

早速ご覧ください!

どうですかこの整った顔立ち!!

クラスでも確実に美人と言われるぐらいかわいいですよね。

今の姿からはとても想像がつきません・・・。

春菜さんの幼少期

春菜さんもぽっちゃりしていてかわいらしい幼少期ですね♪

とはいえ、箕輪さんと比べるとインパクトはあまりありませんね。

堀北真希に似ている!?

箕輪はるかさんが堀北真希にも似ていると話題になっているのでご紹介していきます。

たしかにこうやって少しずつ変えていくと似てるかもしれませんね!!

もしかしたら箕輪さんも少し整形でいじれば堀北真希になれるのかもしれません!!

どうしてこうなったの?

小学生時代は美人だったにもかかわらず、大人になってどうして道をそれたのか。

それにはある理由がありました。

(ここで改ページします)

歯並びが悪いのが原因

箕輪さんといえば、歯並びが悪いのでも有名ですが、それがどうやら影響しているようです。

上の歯と下の歯の噛みあわせがずれていると、間違った部分で噛んでしまいますよね。そうすると、あごに力が入りすぎてしまい、筋肉が強張ります。筋肉のバランスが悪くなっていき、身体の中心がゆがんでしまったり、肩が凝ったりする原因になります。また、筋肉の緊張による食いしばりがひどい場合は歯ぎしりをしやすくなり、歯が割れる原因となります。

ほうれい線も出やすくなる!?

なぜ、歯並びが悪いとほうれい線ができるのか?というと、噛み合わせが大きく影響しています。
噛み合わせが悪いと、顎の関節をずらして食べ物を噛むようになってしまいます。
食事をする際に、常に顎の関節をずらして噛んでいると、顎の関節の形が変形してしまし、顔がゆがんでしまうのです。

顎の関節の形がゆがむと、顔の表情筋に影響を及ぼします。
表情筋とは顔の筋肉です。
関節の形がゆがむとあごの周りの筋肉を正しく動かせなくなります。
また、動きが低下するため、表情筋の柔軟性が失われてしまいます。

ほうれい線は肌のコラーゲンが減少し、肌の弾力が失われることが原因でできますが、顔の筋肉の動きが衰えることも原因となります。
顎の関節の形がゆがむことも、表情筋の動きのバランスを崩したり、柔軟性を失わせたりする原因となるため、ほうれい線ができやすくなるのです。

小さい頃に歯並びを矯正しておかないと、大人になってからそのしわ寄せがくるようだ。

箕輪さんも小さい頃の歯並びが原因で、骨格が変形してしまい現在に至るのかもしれない。

まとめ

まさか歯並びが大人になってここまで影響が出るとは思いませんでした。

小さいうちであれば、保険も適用できることがあるので、小さいお子さんがいる人は一度歯医者さんに相談へ行ったほうがいいかもしれませんね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード