情報をまとめて創造するキュレーションメディアです
 

「カップヌードル」新作はまさかの10倍“謎肉祭” あの肉は謎肉だったのか!日清も公式に認める

国民食といっても過言ではない日清のカップヌードル。その中に入っている肉の塊は、謎肉という名前だった!
2016/09/05 UPDATE
 
189 views
 
 
  • 「カップヌードル」新作はまさかの10倍“謎肉祭” あの肉は謎肉だったのか!日清も公式に認める

  • 出典: netgeek.biz
  • 日清食品が5日、「謎肉」が通常の10倍入ったカップヌードルを発売すると発表しました。謎肉とは「ダイスミンチ」と呼ばれる豚肉主体の具材で、一時期は主力製品から姿を消していたこともあります。今年でカップヌードルが45周年を迎えることを記念した商品ですが、なぜ謎肉増量だったのか? 日清に聞きました。
  • 「謎肉」とはカップヌードルの中に入っていた、ミンチ肉をサイコロ状に固めた食材の事でファンの間では「謎肉、謎の肉、あの肉」など色々な呼ばれ方をしている。なお、正式名称は「ダイスミンチ」というらしい。
  • 一時期消えていた
     ダイスミンチとは、味付けした豚肉と野菜などを混合してフリーズドライ加工したもの。食べただけでは作り方などの詳細がわからず、ネット上やファンの間で「謎肉」と呼ばれるようになったといわれています。

     2009年から「コロ・チャー」に切り替わったことで、定番のカップヌードルからはいったん姿を消しましたが、昨年復活した経緯があります。(コロ・チャーとは、豚肉に下味を施し、加熱して仕上げたチャーシューをコロッとした形状にカットしてフリーズドライ加工したものです)

    日清に聞きました
     12日から発売されるのは「カップヌードルビッグ”謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」です。1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が今年で45周年を迎えたことを記念した商品です。

     通常の「カップヌードルビッグ」の10倍も謎肉が入った商品で、たっぷりの謎肉からうまみが染み出たスープに、ペッパーでアクセントを加えています。パッケージデザインも記念商品らしいお祭り感を演出しています。

     記念すべき商品として、なぜ謎肉を選んだのか? 日清の広報担当者はこう話します。

     「カップヌードルシリーズの具材で最も人気があり、要望が多かったため、どうせやるなら10倍にしようという話になりました。これまで『もっと食べたい』と思っていた方も満足できると思うので、楽しんでください」
  •  
  • 国民食「日清のカップヌードル」

  • 世界初のカップ麺とされるロングセラー商品で、時代とともに食の多様化によってさまざまな風味の商品や、「ミニ」や「BIG」などの異なるサイズの商品も発売されている。味とサイズが異なる各種製品が販売されているが、カップに熱湯を注いで3分で食べられるタイプであり、扁平の細麺と粉末スープとフリーズドライ化された具材が入っている。
    出典: tk.ismcdn.jp
  • 謎肉祭りにみんなの反応は?

  •  
 
 

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

 

関連する記事

今、気になるトレンドやいまさら聞けない新常識を詳しく掘り下げます♪

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード