情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

こ、こんな名前があるのか…!? キラキラネーム・DQNネームにまつわる壮絶な話まとめ PART1

思った以上に壮絶で切ないです
2016/09/02 UPDATE
 
629 views
  • キラキラしているのは名前だけ?

  • 珍しいを通り越して「大丈夫か!?」と思わず口をついて出てしまいそうな名前が、
    現在ブームとなっています。


    「それ、名前としてアリなの!?」と思うようなものから、まるでアニメや少女漫画から
    とったようなものまで様々です。

    今回は、そんなキラキラネームやDQNネームにまつわる話を集めてみました!
  • 国際化の時代で・・・

  • 出典: ren-ai.jp
  • 嫁と子供と買い物に行って、嫁は買い物、俺は子供を連れてキッズコーナーで遊んでた。
    そこのキッズコーナーは休憩所も兼ねていて、結構美人な妊婦さんと上沼恵美子みたいな
    ババアがベンチに座って話していた。話してたと言っても上沼恵美子似が美人さんに向かって
    一方的に喋っていたようなもんだが、それなりになごやかに話は進行しているように見えた。
    二人の話はお互いの子供の話へと進み、名前の話にとなっていった。
    上「あなたの子供の名前は?」
    美「礼儀の礼に子で、礼子(仮名)といいます。」
    上「礼子っ!?今時の若い人にしてはまた地味な名前ねぇ。」
    美「え?・・・」
    上「おばちゃんみたいな名前つけちゃダメよー、んで、何歳なの?」
    美「・・・6歳ですけど」
    上「あらっ、うちの子と同じだわー。高齢出産で産んだんだけどね、
      外国でも通用するようにって、シャルル(仮名)って名前なのよ。
      漢字は・・(詳細失念)って書くんだけど、これからは国際化の時代で
      ウンタラカンタラ・・・・」
  • それからもババアの国際化がどーだ、礼子なんて昔の名前だ、それに全然今風
    じゃない、それに引き替えうちの子の名前は可愛くておまけにすごく良い子で
    自慢じゃないけど顔も可愛いと思うのよ等と上機嫌でずっと暴言を吐いていた。
    美人さんの相づちは少なくなり、顔も強ばっているように見えた。
    ババアが「あれがうちの子なんだけどね。」と指差した子供はさっきから自販機のボタン
    に悪戯しまくっていた、限りなくウンコに似た感じの女の子。それからもババアは
    子供は野放しでずっと喋り続けたが、あきらかに美人さんはむかついているようだった。
  • それからしばらくして、「お母さーん」と子供の声が聞こえ口ひげを生やした外人さん
    と、ものすごく可愛い女の子(もうほんとアイドル並)が小走りに美人さんに駆け寄って来た。
    ババアはその子を見て「え!?」という様な顔になり、外人の旦那さんを見て「しまった!」
    という様な顔になった。そこで美人さんが一言。
    「自分の生まれた国の言葉や文化を蔑ろにする方に、国際化っていうのは難しいんじゃ
    ないですか?私、去年アメリカから帰ってきたばっかりですけど、あちらでは躾がなって
    ない子供はレストランにも入れないんですよ。国際化とかなんとかって言う前にあなたには
    まだやるべきことがあるんじゃないですか?」
    とはっきり言い切って家族三人英語で会話しながら帰って行きました。
  • 「先生にも名前読まれなかった」

  • 俺のねーちゃん関西で国語の教師やってんだけど、先月新しい担任受け持ったんだ。4年生。
    で、そこで「虎王人」って名前の男の子がいたんだと。仮に苗字は田中としとく。
    流石に読めなくて、本人に聞いたんだ。

    姉:ごめんなさい、田中君。下の名前を教えてくれる?
    田中:…
    姉:…?
    田中:……れおと
    姉:れおと君、ね。教えてくれてありがとう。

    微妙な沈黙の後、聞き取るのがやっとな大きさでぼそっと教えてくれたって。

    で、後日その母親が
    「ウチの子供の名前が読めないのか!」「本人にわざわざ嫌みったらしく確認したのか!?」って。
    子供に謝れってれおと君同席で校長室に乗りこんできた。
    そりゃ読めないだろ…。校長も「いやまあ、大変個性的なお名前ですし…」と当たり障りなく濁してたが
    姉がメモに「開闢」って書いて

    姉:この言葉の読みと意味を御存じですか?
    田中母:なんなのよ関係ないでしょ知らないわよそんなの!
    姉:「かいびゃく」と読みます。物事の始まりを表します。ではこれは?
    田中母:さっきから何なの!?
    姉:「きょうじ」と読みます。プライドの事です。
  • 姉:これら辞書に載ってる様な言葉でも、難読なものは沢山あります。
      しかし載ってるから意味も読みも調べられます。
      ですが人それぞれである名前において、一般的ではない仮名をふって、
      読める読めないがありますか。
      今はまだ良いですが、これから先、レオト君にとってこのやり取りは恐らく
      ずっと続く事になります。
      お母様がどれだけ立派な意味を名前に託されたとしても、それが人に伝わらなければ独り善がりに過ぎません。
      私たち他人相手に限った話ではありませんよ、れおと君に対してもですよ。
      こういった不便な思いをするのは彼本人です。本当に彼の事を考えて名前を決められたのですか?

    大まかにこんな感じの事を言ったんだ。母親が怒り狂って「あんたねええ!!」と姉に組み付こうとした時、それまで俯いて黙ってたれおと君が、

    「いい加減にしてよ!俺が昨日言ったのはこういう事させる為じゃねえんだよ!
     先生だよ!?学校の、国語の先生でも俺の名前読めないんだよ!?
     そんな名前で、俺が今までどんな思いしてきたか、お母さん今まで一度でも聞いてくれた事あったかよ!?」

    要は、姉が名前を尋ねた日の夜に、れおと君は母親にぽそっと「先生にも名前読まれなかった」とこぼしたらしい。
    本人は母親への皮肉と言うか反抗と言うか、名前に対する不満を表す意味で告げたらしいんだけど
    当の母親は「息子が名前を読んで貰えず落ち込んでいる!許せん!」となったらしい。
    で、正しい意図も伝えられず勢いに押し切られたらしい。今までも相当押さえつけられてたんだろうなあ。

    母親はそれ以上は流石に何も言えなかったらしい。

    何で突っかかるような真似したの?と姉に聞いたら、
    名前を尋ねた時の反応で何となく、コンプレックスの様なものを感じたらしい。
    で、それまでの担任や関わった教師にそれとなく聞いてみたら、本人は名前に苦痛を感じてるらしいと。
    まだ10かそこらの子供にこんな辛い思いさせやがって!と親に対して憤懣やる方なかったんだと。

    救われねえなあと思ったよ。
  • 小学校の父親参観

  • 小学校の父親参観のとき、児童たちが「将来の夢」について作文読んでた。

    まだ低学年ということもあり、夢いっぱいの子どもたちが

    「大きくなったら中村俊輔みたいなサッカー選手になります」とか

    「大きくなったら、お母さんみたいな看護婦さんになります」とか言ってる中

    「大きくなったら総理大臣になります」と言う子がいた。

    その子の作文の内容が

    「大きくなったら総理大臣になります。

    そして、子どもに変な名前をつけちゃいけないっていう法律を作ります。

    変な名前だと子どもはイヤです。

    大人は、子どもがイヤなことをしたらいけないと思います。

    子どもに変な名前をつけた大人は罰金にします。

    それから、変な名前の人はも自分で変えてもいいっていう法律を作ります」

    と宣言してて、教室内がしーんと静まり返った。

    作文を読み始めるまでは、教師の制止も無視してビデオ撮りまくって

    「こっち向いてー。もっと大きい声で読んでー」とかやってたその子の両親が

    ビデオカメラとめて無言でうつむいてるし。

    その作文を読んだ子の名は「恋獅子(れんじし)」君だ。
  • アフォな行動するキティ親子

  • 流れを切って空気を読まず投下。
    ようやく胸がスーっとした。長文注意。文才がないからダラダラ長い。

    自分には年の離れた妹がいる。
    妹の名前は、A子のような普通の名前。
    小学校にあがってから、同じクラスのDQNネーム(クソガキ)に
    「名前ださーいww」と言われるようになった。

    妹の話によるとそのクソガキは他人を貶すことが好きで、
    相手の苦手なこととか欠点を見つけるとそこばかりを貶して
    「それに比べてあたしは!」と自慢をするらしい。

    妹と一緒に散歩してたときに、クソガキとその親と遭遇したことがあったが、親もDQN。
    名乗った瞬間「名前のカワイソーな子でしょww」とか言う奴初めて見た。
    ガツンって言い返せればよかったんだけど、
    ”アフォな行動するキティ親子”という噂を聞いたのもあって
    「どこが可哀想なんだ」と言い逃げして終わってしまった

    最近はクソガキも調子に乗って
    「そんな名前じゃ海外にいけないよ!」
    「だけどあたしは外国人みたいな名前だからいける!すごいでしょ!」
    「A子ちゃんは一生日本から出れないね!」
    ということまで言うようになったらしい。
  • で、ここから本題。
    昨日の夕方、妹と一緒にスーパーへ買い物へ行くと、友人に会った。
    ちなみにこの友は妹にデレてる。妹も友に懐いている。ロ○コンではない
    と、三人で買い物中に、例のDQN親子とエンカウント。
    「あら名前がカワイソーな(ry」でニヤネチ開始。
    「名前は人生で大事なものなのにーw」
    「海外に出たら苦労しちゃうよーw」
    うちの妹が御宅に何をしたんですかってくらい悪意たっぷりの声でした。
    クソガキが「カワイソーだよねー。それに比べてあたしは(r」
    といった辺りで、チキンながらもキレようとしたんだが、しかし、先に友が動いた。

    友「お宅の娘さん、お名前は?」
    親「〇×△ですよぉ~~海外に通じるカワイイ名前でしょ?」
    友「ほぉ。ちなみに、主にどこの国を連想されてその名前を?」
    親「え、国…よ、ヨーロッパ?優雅なイメージがこの子にぴったりで~」
    友「ヨーロッパ圏の一部で〇×△は下ネタですが?」

    親子「(゚Д゚)」
    友「しかもスカト〇的なアレです(`・ω・´)」
    親「そそんな〇×△がくぁwせdrftgyふじこ」
    友「ヨーロッパいったら苦労しますね。いや行けないか(´・ω・`)」

    友が、さっき言われたことをそのまま返した。

    すると親が顔真っ赤にして、買い物かごを友の足元に投げつけた。
    卵とか酒瓶とか落ちて割れて大惨事。
    DQN親が鬼の形相でぶるぶる震えていたのでこりゃヤバイと思った俺。
    でも店員がきたので、DQN親子が逃走体勢に入ってそれ以上のことはなかった。

    ならアメリカにいくわよ!アメリカ語ならいいでしょ!」
    と捨て台詞を吐いてきたんだが、買い物客のおばちゃんがドヤ顔で
    「アメリカはイングリッシュやで!(゚∀゚ )」と叫んだので客全員爆笑。

    DQN親子はそっちにも攻撃しようとしたみたいだけど、店員がきたからか
    「きいいい!うっせえんだよババァあああ!」と金切り声あげて逃げた。
    クソガキのほうも大声で「じねー!」と泣きじゃくってた。

    その異様さに背筋が凍った。本当どんな教育してるんだろう、と。
    でも近所でも有名なほど悪行三昧なDQN親子だっただけに、
    皆スッキリしたーと大爆笑してたので、つられてちょっと笑った。

    友はのほほんとしながら、店員さんと一緒になって、床の掃除しつつ落ちた品物拾っては
    「あ、この肉買ってもいいですか三割引なんで」とかやってた。店員さんに止められてたが、
    結局半額で買い取ることで妥協してた。
  • 長々とすまん。最後。
    妹が学校から帰ったら「名前馬鹿にされなくなった!」と
    スカト〇のネタでからかってくる男子と喧嘩するのに忙しくて、妹の悪口を言う暇がないんだと。
    妹が笑顔で帰宅してきたのが久しぶりなので嬉しかった。

    話を聞くと、昨日”〇×△=う●こ”というのを聞いた生徒がいたらしく、学校中に広めたらしい。
    学年単位で嫌われていたようで、あっという間に広まったと。
    「お前外国じゃう●こなんだろ!」
    「俺たち名前よんでるだけだもんな!」
    とか言われてるって

    友に事の顛末をメールで報告した。
    そしたらすぐに返信がきた。本文はなく、画像添付一枚だけ。

    ファイル開いたら、めっちゃ悪い顔してる新世界の神とご対面した。

    で、これを書いたのは昨日なんだ実は。
    こういう投稿はじめてなんで一晩寝かせて文章読み直しはしたけど、
    わかりづらいところがあったらスマン。
  • 親が中学の音楽の先生

  • 出典: let-me.jp
  • 親が中学の音楽の先生で、子供にカタカナでメロディて付けた人いて


    その娘はもう高校生だけど、自分の名前が大っ嫌いだった


    小学校の頃から改名したいってしきりに言ってたよ


    メロディちゃんには姉と弟がいるんだけど、弟は律動(リズム)で姉は和音(ハーモニー)


    ハーモニーは、かずねに読み方変えたわ


    リズム君は読み方変えられずに困ってるそうだ
  • うこん君

  • 自分が小学生の頃うこんって名前の男の子いたけど、



    やっぱりあだ名はうんこだった。



    もちろんいじめのようなもの。



    そのうこん母が顔真っ赤で学校に乗り込んできて職員室でわめいたり



    うこん君の教室にいって誰がいじめてるんだ!って大事件になったけど、



    うこん君が「お母さんが変な名前つけるせいだ!」ってキレて、



    それでもうこん母は悪いのは人の名前でからかったり苛めたりする子、



    親からもらった大切な名前を(ry みたいな感じだったなぁ。



    結局、そのクラス全員でうこん君に謝って、苗字で呼ぶこと!って決まったらしい。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード