情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

日本ハムの斎藤佑樹(28)出版社社長からポルシェのカイエン約2000万をおねだりしてマカン約800万を提供、登板時やじられる

ハンカチ王子の人気もピンチ!登板当日に文春に狙い撃ちされた。 ポルシェおねだりし提供されていた件。
2016/07/13 UPDATE
 
613 views

斎藤佑樹(28)とは

1988年6月6日(28歳)
身長176 cm
体重76 kg

年俸 2,300万円(2016年)

オーバースローから投げる平均球速約139km/h[22]、プロでの最速147km/h[15]のストレートとスライダー[23]、フォークボール、ツーシーム、カットボールを軸とし、稀にチェンジアップ[23]やカーブを混ぜる投球を見せる[24]。打球がゴロになりやすい投球で、2012年には全打球の半分以上をゴロにしている[25]。「アマチュア時代の経験が感覚を研ぎ澄ませてくれた」と言い[26]、ボールをリリースする直前に「打たれる」と思った瞬間、身体が反射的に反応してボール球を投げる「危険察知能力」を強みとし[26]、2012年は得点圏での被打率が低かった[26]。2012年には、ストレートの空振り率が2パーセントと一軍では最低レベルの数値を記録した球威不足のため、初球のストライク率が低いボール先行の投球となり[27]、2014年まで通算与四球率3.54と制球に苦しんでいる。
大学時代は自己最速150km/h[28]を記録し、投球の半分近くを低めに集める制球力を武器としてきた[26]

文春砲炸裂!!ハンカチ王子にポルシェのマカンが提供されていた

ハンカチ王子はノーコメント。
入団当初からカイエンや青山に土地が欲しいと言ってました。

北海道日本ハムファイターズの斎藤佑樹(28)が、出版社社長からポルシェなどを提供されていたことがわかった。斎藤はノーコメントだったが、提供側の出版社社長が「週刊文春」の取材に認めた。


今季は未勝利(12日現在)
 関係者によれば、斎藤は出版社ベースボール・マガジン社の池田哲雄社長に「鎌ケ谷の二軍練習場に通うための車が欲しい」とおねだり。価格が2000万円を超えることもある高級車ポルシェのカイエンを希望したが、マカンの新車に落ち着いたという。マカンも価格は最低でも800万円を超える。

こちらが800万相当のマカン

こちらが、ハンカチ王子がおねだりした2000万相当のカイエン

やっぱり、ポルシェが好きなんですね。

池田社長は、取材に「斎藤から『ポルシェが好きなんで』と言われてね。『お前には頑張ってもらわなけりゃならないから、俺が払ってやる』と」と認めた。他にも社や池田社長が所有するマンションを提供したこともあったという。


熱望したポルシェで練習に通う
 野球選手の金品授受を巡っては、過去に桑田真澄、水野雄仁らが処分を受けたこともあり、日本ハムの対応が注目される。

「週刊文春」7月14日発売号では、池田社長によるポルシェ以外の利益供与についても詳しく報じる。

5回3安打無失点も客席から「ポルシェもらえるんか!」と野次られる

この日は「週刊文春」のネット速報で、出版社社長から高級車ポルシェを提供されていたなどと報じられ、スタンドから「ありがとう、文春!」「ポルシェもらえるんか!」などと強烈なヤジを浴びせられた。

ハンカチ王子に対する世間の声

コメント

1
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

猫が好きです。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード