情報をまとめて創造するキュレーションメディアです。

2016年 さくらの名所ユーザーが選んだ厳選5スポット(関東編) GoogleMap付き

関東での桜名所をまとめました。
2016/04/04 UPDATE
 
51 views
  • さくらの名所ユーザーが選んだ厳選5スポット

  • 桜の花言葉は 「精神の美」「優美な女性」 サクラの語源は、「咲く」に複数を意味する「ら」を加えたもの、日本神話に登場する女神・木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)のサクヤをとったもの、など諸説あります。

    日本人にとって春の花の中でも特別な存在となっているサクラ。
  • 目黒川 (目黒区目黒川沿道)

  • 約4kmにわたり桜並木が広がる人気スポット。大橋から下目黒にかけて、春には桜が咲き乱れ、大勢の花見客でにぎわう。また、目黒川沿いには個性派ショップも立ち並び、お花見とともにショッピングを楽しむ人も多い。
  • 六義園 (文京区本駒込6丁目)

  • 第5代将軍徳川綱吉の寵愛を受けて幕政を主導した、柳沢吉保が7年の歳月をかけて造り上げた回遊式築山泉水庭園。六義園のシンボル的存在のシダレザクラは高さ約15m、幅約20mあり、薄紅色の花が流れ落ちる滝のように咲き誇る。期間限定のライトアップも必見。
  • 隅田公園 (墨田区向島)

  • 江戸時代に8代将軍・徳川吉宗が桜を植えたのが始まりで、隅田公園には約640本の桜が植えられている。隅田川の両岸を約1kmにわたり桜並木が続き、東京スカイツリーとのコラボレーションを楽しめる。また、隅田川の屋形船に乗って、両岸の桜並木を眺めるのもオススメ。
  • 千鳥ヶ淵公園 (千代田区北の丸公園)

  • 都内でも有数の桜の名所。皇居西側の千鳥ヶ淵と英国大使館に挟まれる場所に位置し、ソメイヨシノやヤマザクラなど約170本の桜が花開く。仕事帰りに立ち寄るビジネスマンや、花見を楽しむカップルなど、連日多くの見物客が絶えることがない。水面に映る桜の姿も美しい。花見区画の指定や火器類の使用禁止などルールが決められているので、マナーを守ってお花見をしよう。
  • 上野恩賜公園 (台東区 上野公園・池之端三丁目)

  • 上野の山は、江戸時代から桜の名所として知られ、四季を通じて自然を存分に満喫できる。桜は天海僧正が吉野山から移植させたといわれ、公園中通りを中心に約1200本の桜が園内を彩る。また、美術館や博物館、動物園などもあり、子供から大人まで楽しめる。
  • アフロ 花見 ピンク サクラ 開花 【 超!お花見アフロ 】☆ 桜 梅 花 ウィッグ カツラ ☆★ おもしろ お花見マン お花見グッズ 宴会 余興 ★あす楽対応 02P01Apr16
    1360円
    販売サイトをチェック
  • 【あす楽】レジャーシート 厚手 大きい おしゃれ クッション レジャーシート ピクニックシート レジャーマット お花見 花見 ランチ アウトドア 遠足 運動会 シート ブルーシート かわいい 200送料無料FIELDOOR レジャーシート ピクニックシート 145×240cm
    2592円
    販売サイトをチェック
  • さくらデートなんて最高ですよね。
    家族、彼女、彼氏、夫婦、同僚、桜は日本が一番きれいです。
    一時の仕事のストレスを忘れて、ゆっくり桜を眺めてはみませんか?

関連する記事

自分が目に付いた話題を気ままに投稿してます。

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード