情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

宇垣美里アナが大人のハロウィン体験→ゾンビより怖いものって何?

2018/09/16 UPDATE
 
460 views

宇垣美里アナ

怖いものを見たくないという感情がある半面、ホラー映画や心霊特集をつい見てしまうというひともいるのではないでしょうか。
みなさんは、どんなものが怖いと思いますか。

「サンデー・ジャポン」で宇垣美里アナが、「大人のハロウィン」のアトラクションをリポートしました。
絶叫系のアトラクションで、あるものに遭遇にし、逃げ回るほど怖い思いをしました。

その後、スタッフが質問をしたところ、宇垣アナはある「闇」を見せ、それに対する太田光さんがあるツッコミをして話題になりました。
宇垣アナが見たいがために「サンデー・ジャポン」を見ていたというひとがいるくらい視聴者に愛されている彼女が抱える闇とは、どのようなものなのでしょうか。

USJをリポート

兵庫出身の宇垣アナは、「USJは私の庭」というほどですから、とても親しみがあるのでしょう。
今回は、ドレスアップして参加できるアトラクション「大人のハロウィン」のリポートをしています。

絶叫系のアトラクションでは、ゾンビ集団が登場し、絶叫しながら逃げ回る姿が放送されました。
短い時間ながら、USJを楽しんでいることが分かります。

疲れたのか、地面に座った宇垣アナに、スタッフはある質問を投げかけました。

(ここで改ページします)

一番怖いものは?

「ゾンビとか怖いですか?」と問われた宇垣アナは、「ゾンビも怖い」と前置きした上で、人間の方が怖いという気持ちを明かしました。
ゾンビと会話にならないのは仕方のないことだけど、本来であれば意思疎通ができるはずの人間に、自分の伝えた言葉が通じていないと怖いということのようです。

分かりやすく説明していても、それが通じていないと、いやな気持ちになってしまうことは誰にでもあることだと思います。
それを的確に表した言葉ですが、宇垣アナ独特の「闇」を感じさせるコメントとなりました。

例えの相手は誰?

コメントの中で、「どいてと言ってもどいてくれないひと」を例に挙げていましたが、それに対して太田さんが「どいてくれないひとは長峰アナのこと」だとツッコミをいれました。

TBSの若手アナウンサーの教育係を務める長峰由紀アナは、「女帝」と言われることもある大ベテランです。

しかし、スタジオにいた山本里菜アナが「違います」とオーバーに否定し、元TBSアナウンサーの安東弘樹さんも「絶対に違う」と加勢しました。


宇垣アナのいう人物が実在するのかは分かりませんが、視聴者からは共感の声があふれました。
また、宇垣アナをもっと見たいという視聴者も多く、愛されていることが分かります。
視聴者の後押しを受けて、いろいろな番組で見られるようになるといいですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード