情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

バケモノの子の女の子、楓が嫌い?!うざい?!しかし、かわいいという声も!二人は付き合うの?

バケモノの子の登場人物『楓』。彼女の評価が嫌いやうざいやいらないというこえが?!しかし、可愛いという声も?!
2018/07/27 UPDATE
 
278 views

バケモノの子の女の子、楓が嫌い?!うざい?!

細田守監督の最大のヒット作、『バケモノの子』

2015年7月に放映された映画。

人間が住む世界の渋谷と、バケモノが住む渋天街(じゅうてんがい)の2つの世界が交錯するなか、少年とバケモノの奇妙な親子の絆を描く物語。

その親子の関係にあるのが、人間界の「九太」とバケモノ界の「熊鉄」である。

この二人が、不器用なりに親子のような関係を築いていく感動の物語です。


これまでの細田監督作品の興行収入トップ5!

順位 興行収入 タイトル 公開年

1位 58.5億 バケモノの子 2015年

2位 42.2億円 おおかみこどもの雨と雪 2012年

3位 16.5億 サマーウォーズ 2009年

4位 12.0億 ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島 2005年

5位 2.6億 時をかける少女 2006年


『バケモノの子』と『おおかみこどもの雨と雪』が飛び抜けていますね!

その中でバケモノの子が第1位となっています。

映画の登場人物『楓』とは?

映画を観た方々からの様々な声が。

結構な言われようですねw

このように思われる理由はなぜでしょう?

どのような感じで映画に登場していたというのでしょうか?

楓の登場シーンと九太との関係
楓(かえで)

渋谷の図書館でよく勉強している女子高生。騒ぐ学生たちを図書館から追い出したことで仕返しを受けているところを九太に助けられ、一緒に勉強をするようになる。自己紹介し合う時に九太が本名の蓮と名乗ったため、彼を「蓮くん」と呼ぶ。読み書きの段階から教えてもらった九太にとって、彼女は人間界での師匠のような存在。
親の期待に応えるために進学校へ進み、自分の意思を抑圧していたが、九太と出逢うことで次第に自分の意思に忠実な行動をするようになる。
九太が「自分は何なのか」と思い悩んでいた時、自分と重ねて励ましたりした。この事がきっかけで彼の心の支えとなっている。

全然問題はなさそうですよね?

ですが、これ以外のところでちょっとしたセリフや楓の立ち振る舞いによって観た方々にそのように思わせてしまったようです。


一番多かった意見が、

『勉強・勉強って宗教の勧誘みたい!』

ということらしいです。

勉強や大学の話ばかりしてきて、それが宗教の勧誘に見えたらしく、なんか怖かったという意見が多数出てしまったそう。

「大学入らない?はいろう!」

「じゃあ勉強教えてあげる!」

など、少し勉強という方向に九太を無理に引き込もうとしていたところがあまりいい気持ちはしなかったということなのでしょうか。


そして、この意見も多かったのですが、

『一郎彦との戦いで邪魔すぎる!』

という声も多かったのです。


物語の終盤で、九太と一郎彦が戦うシーンがあったのですが、

「一郎彦に立ち向かおうとする九太の手を掴んで離さない」

「一郎彦の前に出てきて大声で叱った」

など、完全に二人の戦いの邪魔をしていたそうなのです。

九太は楓に対し必死で、逃げるように呼び掛けています。

しかし、九太のその声も聞かずに上記のようなことをしていたとなると、そりゃあいらない!邪魔!などの声があがってしまうのも仕方のない事なのかもしれませんね。



ですが、物語にも出てきますが、楓は実は家族問題を抱えている女の子だったのです。

親の期待に応える為にかなり勉強をして進学校に進みますが、自分の気持ちを押し殺していることに不安を感じています。

そんな育ち方をした楓だからこそ、勉強が大事!と自分のやってきたこと、自分の信念を信じたい気持ちもあったからこそ、勉強への勧誘や一郎彦への怒りの言葉だったのかもしれないです。

そんな楓自身も、一被害者なのかもしれないですね。

一方で、楓が可愛いという声も

ここまで楓が嫌われている、という点にフォーカスしてきましたが、もちろん楓のことが好き、可愛い!という声もあがっているのも事実です。

実はうざい!や、いらない!や、嫌い!という声よりも多いのかもしれません。

楓はヒロインとしての立ち位置なのですが、九太が小さい子頃の序盤ではまだ出てこず、九太が成長し、大きくなった物語の中盤にならないと出てきません。

九太に勉強を教えたり、支えたりと、顔ももちろんかわいいとは思いますが、非常に優しい心の持ち主でもあります。


そんな楓と九太は果たしてカップルになり付き合うことになるのか?ということも気になるところではありますね。


実は、このことに関してはこの映画の中にも原作の小説にも答えは載っていないということなのです。

付き合うかどうかの結果については誰にも分からないということなのですね。

しかし、物語の最後の方で、高卒認定試験を受けることがわかります。

ここから推測出来そうな結果は、その試験に受かり、その後楓と同じ大学に入り、二人がさらに仲良くなっていく未来が想像することもできますね。

この二人には是非ともうまくいってほしいものですね。

次のページで声優、広瀬すずのご紹介
(ここで改ページします)

楓の声優は広瀬すず

実は、楓の声優は、今やCMでもドラマや映画でも引っ張りだことなっている『広瀬すず』さんが担当しているのです。

映画の中の楓の可愛さと、広瀬すずさんの声のかわいらしさが相まってさらに楓の良さが際立っているのかもしれませんね!

まとめ

バケモノの子の登場人物『楓』は辛口な評価も甘口な評価もあるということですね。

そういった点にも注目して見てみるとまた違った楽しみが出てくるかもしれません。




最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード