情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

フラリーマンとは?めざましテレビが特集し炎上!働き方改革で急増中

働き方改革によって、残業時間が削減され時間に余裕が生まれたサラリーマン達。その結果、“フラリーマン”を生み出しているのだとめざましテレビが特集したところ、女性を中心に炎上する騒ぎになりました。
2018/03/07 UPDATE
 
353 views

フラリーマンがめざましテレビで特集され炎上!働き方改革で急増中!

働き方改革によって、残業時間が削減され時間に余裕が生まれたサラリーマン達。


その結果、まっすぐ家に帰らない“フラリーマン”を生み出しているのだとめざましテレビが特集したところ、女性を中心に炎上する騒ぎになりました!


今回は現在7割以上の企業が推進している「働き方改革」の裏で急増している「フラリーマン」についてご紹介します!

働き方改革とは?

働き方改革は、一億総活躍社会実現に向けた最大のチャレンジ。


多様な働き方を可能とするとともに、中間層の厚みを増しつつ、格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を実現するため、働く人の立場・視点で取り組んでいきます。

簡単に言ってしまえば、残業を少なくし正社員と非正規社員の格差を無くしてより働きやすい環境を作っていきましょうということです。


月末の金曜日の退社時間を午後3時に繰り上げ、土日合わせ2.5日の休みを家族との買物や外出などの時間に使ってもらうことを想定した「プレミアムフライデー」もその取り組みの一つと言えます。


こういった動きを受けた多くの企業が「働き方改革」に取り組み、残業が減ったサラリーマンが増えたということになります。

めざましテレビで取り上げられたフラリーマンの実態とは・・・

2018年3月5日放送のめざましテレビで、書店や、家電量販店、ゲームセンターや居酒屋など、夜の街をふらふらと漂う「フラリーマン」が特集されました。

この放送をきっかけに、女性たちを中心に炎上する騒ぎに!!

twitterなどでは、子育て中のお母さんを中心に非難の声が相次ぎました。


育児中は自分の時間が無い女性達に対し、フラリーマンは「仕事のストレスを解消したい」とか、「自分の時間がほしい」といってふらふらと家にすぐ帰らない行動に怒りを覚えるのもわかります。。。


家事の手伝いや育児の手伝いを優先して行って欲しいと考えるのは当然のことだと思います。


また最悪の場合、夫婦間に溝が生まれ離婚の危険もあると言います。


ではなぜフラリーマンはすぐ家に帰らないのは「早く帰っても家事の邪魔になる」、「家は子ども中心に回っており居心地が悪い」というのが理由のようです。


しかし中には、妻から「もう少し遅く帰宅してほしい」と注文が付くケースもあるようで、全ての家庭が不満を持っているとは一概には言えないようですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

時事ネタからお役立ちネタ、暇つぶしネタまで幅広くご紹介します♪

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード