情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ビートたけし「泰明小学校」の校長に激怒!その発言に多くの称賛の声が!!

2018/02/17 UPDATE
 
7,581 views

ビートたけしさんの怒り

東京銀座にある公立小学校「泰明小学校」の標準制服が「アルマーニ」と言う高級ブランド製のものに指定されたことが、報道されました。

その報道に対し、ビートたけしさんが怒りを示し、話題になっています。

「泰明小学校」では、和田利次校長が会見を開き「銀座にある学校らしさを考えた」「ビジュアルアイディンティティの確率は、「服育」という重要な教育の一環である」と語りました。

しかし、この標準服と小物一式を纏めて購入すると、8万円を超える金額になると言われます。

この件に関して、非常に否定的な声も多く上がり、世間では大変大きな波紋を呼んでいます。

この問題にビートたけしさんは、

「なんでアルマーニを着なければならないかわからない。それで教育になるの?人は姿や形ではないって、さんざん教育したんじゃないの?」

「見た目で判断するなって散々言われなかった?誰でも買える値段で、良い物を作るのが当たり前の話でさ。もうちょっと自分の頭をどうにかしろよ。ちゃんと床屋に行きなさい。」

と、和田校長に対しての怒りを述べました。

出典: sirabee.com

ネットでは称賛の声

ビート武さんの怒りの発言に対し、ネットでは「たけしの視点がナイス」と称賛する声が集まっています。

制服がダサイと言われたことがあるか?

全国20~60代の男女1348名に調査。

その結果は。

周りから「服がダサイ」と言われたことがある人は、全体の22.3%。

2割の人が、そういった批評を受けたことがあるようです。

校長は「標準服の購入が難しい場合は、類似品でも対応できる」と語っています。

しかし、それは反対に、類似品を着用することで、子供たちの間に、服装に関する「いじめ」が増えてしまう危険性があります。

泰明小学校の「服育」には、今後も大きな注目が集まりそうです。

公立小学校の標準服が、一式揃えると8万円を超えると言うこの問題。

「服育」という考え方も一部にはあるのですが、育ち盛りで動きの激しいこの年代の子供たちに、はたして適しているのかどうか、世間の見方も難しいところがあるようです。

元気な子供たちの事、汚れたり傷つけたりすることに寛容できる、そして平均的な家庭でも負担にならない制服を取り入れると言う、解決方法はないものでしょうか。 

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード