情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

さあ息子よ、かかって来い!母のプライド...子育てとはお弁当作りである!?!?

2018/06/16 UPDATE
 
2,324 views

まだまだ続く子育て

中学生になった息子、毎朝の弁当作りが始まりました。

共働きのだったため早くから保育園へ預けていた息子は、この11年間、栄養バランスの良い給食を食べて健やかに育ちました。

そのことにより家での食事が多少手抜きでも、給食で栄養取っているし大丈夫!と、罪悪感を抱く母は幾度となく助けられていました。

しかし、これからはそうはいかなくなったのです。

息子の食事は全て母の手に委ねられてしまったのです…。

ハードルが高すぎやしないか…

長男が中学生になり、毎朝の弁当作りが始まりました。

これまでも私たち夫婦の分は毎日作っていたので、1つ増えただけで大差はないはずでしたが…これが厄介なのです。

中学生男子のお弁当と張り切って、お店で一番大きな弁当箱を購入、父の弁当箱より大きな弁当。

いくらおかずを用意しても、その隙間が埋まらない。

そこで先輩のアドバイス「前日に詰めて冷蔵庫に入れておく」をやってみましたが、少しでも作りたてを食べさせたいという母心が湧いてしまい断念。

さらに、ママ友のアドバイス「うちは冷凍食品ばっかりよ」は、全て冷食というのも母のプライドが許さなく、卵焼きとあと一品は母の味をというこだわりが、私を苦しめるのです。

(ここで改ページします)

予想外の仕打ち

中学生になった息子は、自分のことは自分でできるようになり、ようやく子育てがひと段落したと思った矢先、この仕打ちとは…。

しかし、成長期の息子の身体を作る大事な大事なお弁当。

ここからの子育てとは、お弁当作りで私の子育てはまだまだ続きそうです。

さて、そんな息子のリクエストは「とにかく肉」とのこと。

では唐揚げ、肉団子、トンカツ、ウインナーと、とにかく肉で埋め尽くしたら「今日は彩り悪かったな」と指摘。

見栄えも重要とは…

そんな女子力、母は気がつかなかったのです。

さあ!かかって来い!しかしハードルが高すぎやしないか、息子よ。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード