情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

寄付は、金額の大小ではない...助け合うということの本当の意味に考えさせられる。。。

2018/02/18 UPDATE
 
729 views

はじめに

他人を助ける、寄付をするということの本当の意味を考えさせられる話です。

それは、聖書の一説を思い出させる出来事だったのです。

少年たちの実験

少年たちは、ある実験を試みました。

目的は、人々の他人への無関心さを訴えようとするものでした。

真冬のニューヨークの路上でボロボロのTシャツを着て一人の少年を立たせます。

マイナス15度のあまりの寒さにビニール製のゴミ袋の中に体をいれてうずくまってしまいます。

それを目にした人々の反応はどうだったのでしょうか?

そして、声をかけたのは、意外な人物でした。

出典: www.youtube.com
(ここで改ページします)

驚きの結末

子どもが観察されること2時間、道行く人は、目にとめて一瞬足を止めることがあってもそれ以上の事はしませんでした。

この男が現れるまでは、そして信じられないことに唯一助けを差し伸べたのは、ホームレスの男性でした。

男性は自分の上着を少年に羽織らせ、お金を渡し、温かい言葉を語りかけます。

ホームレス男性が手を差し伸べたことに実験をしていた少年たちは、この出来事に驚き、
感動しました。

実験の本来の意図は、道行く人の他者に対する無関心さを浮き彫りにするものだったそうです。

それは、まるで聖書の一説を思い出せます。

イエスが会堂の献金箱のそばに座っておられました。

多くの裕福な人たちが、多額の献金をしているなかで、ある一人の貧しい人(女)も献金しました。

イエスはそこで、言われます。

「この貧しい人(女)は、誰よりも多額の献金をした」と。

「みなは、有り余る財産の中から献金したが、この人(女)は、貧しいのに生活費の全部を献金した」と、おっしゃいました。

人を助けるということは、余裕ができてからするのではなく、今できることをするということが大事なのかもしれません。

あなたはこの動画から、何を感じましたか。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード