情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

高速道路でパトカーを追い越した結果・・・衝撃事実が!!

2018/01/25 UPDATE
 
12,105 views

他車に出来た追い越し、パトカーにも出来ますか?

高速道路を走っている時に、前方をパトカーが走っていたというケースを経験した方は少なからずおられるでしょう。

パトカーはそれほどスピードを出していないためやがては追いつきます。

そんな時みなさんはパトカーを追い越せますか?

他社に出来た追い越し、パトカーにも出来ますか?

若かりし頃、自動車教習所で『追い越し』の方法を習った方は多いでしょう。

その後免許を取得して車を運転するようになってから、実際に何度も他車を追い越した事があるという方も多いでしょうね。

特に高速道路は車線が複数あるため、追い越しが当然のように行われている道路です。

しかし、自分の前を走っているのがパトカーだったら…。

相手は警察官、「触らぬ神に祟りなし」でそのまま後方に留まりますか?

それとも教習所で習った追い越し方法を実践して追い越しますか?

『制限速度の範囲内』で追い越せますか?

(1)追い越す前はまず走行車線を走り、前後左右の安全を確認した上でウインカーを出し、追い越し車線に出て加速する。追い越しが終了したら、速やかに走行車線に戻る。

(2)制限速度の範囲内で追い越す。

でも「制限速度の範囲内で追い越す」というのは難しいものです。

なぜならパトカーも制限速度ピッタリぐらいで走っているので、それを上回るスピードを出せば、パトカーの目の前で「スピード違反」になりかねません。

だからと言って逆にゆっくりしたスピードで追い越し車線を走っていると、今度は「通行帯違反」になりかねません。

また、パトカーの速度に合わせて後ろにいると、そこから長い列が出来て渋滞の原因にもなってしまうでしょう。

(ここで改ページします)

『スピードメーターとの誤差』があれば大丈夫?

しかし、専門家の話では『制限速度の110%以内なら、スピード違反でパトカーに追いかけられる事はほとんどない』との事。

それは自動車のスピードメーターの表示速度が、タイヤの摩耗などの影響を受けるので、はじめから約90%~100%弱の誤差が認められているためという事です。

メーター読みなら100km/hでも実測は約92~94km/hのスピードになっており、パトカー側のメーターも同じような設定になっているので、制限速度100km/hの高速道路でメーター読み110km/hぐらいなら、警察に捕まる事はまず考えられないそうです。

しかし近年開通した新東名高速道路にある110km/h制限区間などは、追い越しは避けた方が無難かもしれません。

ちなみに大型トラックの最高速度は80km/hに制限されていますが、装着が義務付けられている『速度リミッター』は、「余裕速度10km/h」を加えた90km/hに設定されています。

相手がパトカーでも身構えず、あくまで基本に忠実に…

以上の事から、高速道路でパトカーに追いついてしまった場合は、制限速度の110%以内を目安に、ウインカーを出して教習所で習った基本に忠実に追い越し、再度ウインカーを出して、理想的にはパトカーと自車の間にもう1台他の車を入れるくらいの車間距離を確保して、早めに走行車線に戻るようにしましょう。

もちろん、パトカーを追い越さないという意思であれば、道路状況を考えてそのままでも構いません。

『追い越し』は、ほんのわずかな時間での集中力と判断力が求められます。

追い越しに自信がなければ無理をする必要はありませんし、一歩間違えば大事故につながってしまうでしょう。

パトカーはもちろん、まずは自車の安全第一で走行しましょう。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード