情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

日本語がわからない観光客に対しバスの運転手が暴言!ネット上からは批判の声が続出

2018/09/04 UPDATE
 
2,086 views

年々増える海外からの観光客

ここ数年、日本を訪れる外国人観光客(インバウンド)の数は急増しており、街中や観光地で外国人を見かける機会も多くなりました。
日本を訪れた外国人観光客の満足度は高く、訪日外国人観光客の約6割はリピーターなのだとか。特に香港や台湾からの観光客は約8割、シンガポールからも7割近くがリピーターとなって日本を訪れているそうです。
そんな中Twitterユーザーの、mast(@anjutozushio)さんは、ある日バスの中でとても悲しい光景を目にしたと言います。

バスで目撃した運転手のありえない態度とは?

ある日、mastさんがバスに乗っていた時のこと。
ひとりのアジア人家族が降りるとき、慣れない両替に母親が戸惑い困っていたそうです。
しかし、運転手は日本語の分からないその母親に対し、マイクを使い大声で何度も何度も「両替は事前にお済ませください、他のお客様の迷惑です」と連呼していたと言うのです。
さらに、両替を焦らせるばかりで助けようともせず、やっと払い終えると手で追い払って降ろしたのだとか。


その後、バスを降りたその母親はすごく辛い顔をしており家族も心配そうな顔をしていたのを見て、mastさんはとても悲しい気持ちになったといいます。

(ここで改ページします)

ネット上の反応

これにはネット上からも
・「京都の市バスは、道は混んで忙しいし時間もカッツカツで大変だというのは容易に想像できる。しかし…これは悲しい…」
・「こういうクズは日本の恥!!その場にいたら怒鳴りつけてやった。」
・「言葉の一切通じない国にこの運転手連れて行き放置して欲しい」
など、運転手に対し非難の声が多く寄せられました。

2020年に向け対策を

親切な運転手さんもたくさんいるのは確かですが、このような心ない運転手がいることは本当に残念ですね...。
京都といえば日本人のみならず、海外からの観光客にも人気のスポットです。海外から来れば、言葉がわからない人がいるのは当然です。
日本政府は2020年までに、訪日外国人観光客数を4000万人まで引き上げることを目標に掲げていますが、相手にばかり任せるのではなく、自分たちも少しは話せるように努力したり英語表記の説明分を記載するなど、思いやりの心を見せて欲しいですね。

コメント

1
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-09-08 13:14:06 [通報]
    こんな光景は千葉の京成バスでは日常茶飯事…。ヤクザみたいな運転手がシート倒してふんぞり返って運転してまふ。
    0
    0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード