情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

お風呂のお湯の量が原因で親子喧嘩➡︎2人とも逮捕www

2018/09/28 UPDATE
 
661 views

親子で現行犯逮捕

23日午後8時半頃、親子喧嘩で互いの顔や肩付近を殴ったとして、兵庫県警網干署は暴行の疑いで大阪府警曽根崎署の交番相談員の男(60)と、同居する長女(28)を現行犯逮捕しました。
しかし、その意外な喧嘩の原因にネット上からは驚きの声が上がっています。
親子喧嘩で逮捕にまで至った原因とは?

風呂の湯の量をめぐって口論⁈

定年退職後、今年4月から曽根崎署の交番相談員をしていたという男性。
この日、風呂から出た娘が父親に「今日は湯量を増やしてやったぞ」と発言したことが原因で口論に発展。長女の顔を平手で数発殴り、長女が父親の左肩付近を複数回殴ったといいます。
その後、長女が「DV(ドメスティックバイオレンス)された」と110番通報し、駆けつけた警察官によって両者とも暴行の疑いで逮捕されたのです

(ここで改ページします)

ネット上の反応

これにはネット上からも
・「普通の家庭では事件にまで発展しない。よほど殺伐とした家庭内環境だったんだろう」
・「この程度は日本中で毎日起きていますよね...」
・「積年の恨みが些細なことで爆発しただけで風呂の湯で揉めたわけではないのでは?普段から言いたい事を言い合うことは大事ということだ。」
など、驚きや疑問の声が多くの寄せられました。

父親は警察の調べに対し「当たったかもしれないがよく覚えていない」と容疑を一部否認し、長女は認めているといいます。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード