情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

イモトアヤコ、安室奈美恵に対してマナーを守らないスタッフに激怒!!

2018/08/03 UPDATE
 
7,505 views

安室奈美恵とイモトアヤコ

2018年9月に引退発表をしている安室奈美恵さん。

アーティストとして最後のライブ『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』を行い、それは日本国内だけではなく海外にもおよび、中国と香港、さらに台湾でライブを行いました。

そんな中、先日放送された『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)では、芸人のイモトアヤコさんが「ただのファン」として台湾のライブにて、安室さんの一のファンとしてパパラッチを行い、彼女とツーショットを撮ることという企画に挑戦することになりました。

断固拒否!

イモトさんは小学5年生のころから憧れている安室さんに、パパラッチをすることに対し、激しい嫌悪感を示し「最後の最後に嫌われたくない!でもツーショットは欲しい!」というジレンマに悩まされつつ、企画を行うことになりました。

そして、まずは台北松山空港で夜の8時に出待ちをすることになるも、ファンやマスコミにもみくちゃにされ、まったく安室さんに近づけません。

そこで、ディレクターが今後の予定として「リハーサルの出待ちをやります。あと、宿泊しているホテルも入手してます」というと…。

イモトさんは、スタッフに対し「バカ野郎!重々マナーだけは守っていこう」と激怒し、ファンとして、アーティストの宿泊先に突撃するのはマナー違反。

いくら番組の企画としてもイモトさんは、断固拒否する姿勢を示しました。

(ここで改ページします)

サプライズ

そんなことから結局ライブ当日、会場前で安室さんの乗る車を待つことになったイモトさん。

しかし、いつもとは異なり落ち着かない様子で、スタッフが「いつものパパラッチと違う」と声をかけると、イモトさんは真剣な表情で「大好きな安室ちゃんに嫌われたくないし、好きな人を不快にさせたくない」とコメントし、やはりこの企画に集中できないようです。

そんな翌日、イモトさんは安室さんのライブに参加することに。

数時間後に会場から出てきたイモトさんは、ライブが楽しすぎるあまり、本来の目的であるツーショットのことは忘れてしまったようです。

そして、『ただのファン』としてツーショットを撮るという今回の企画は、失敗に終わってしまったことを宣言しました。

しかし『次の企画』としてスタッフに連れられ、ヘビ料理を提供する店に到着。

絶叫しながらヘビ料理を食べていたところ…

お茶を運んできたのは、なんと店員に扮した安室さん。

そんなサプライズにわけがわからないイモトさんは、椅子から立ち上がり、凄まじいスピードであとずさりました。

そして、イモトさんから出てきた安室さんへの一言は、「どうしよう…すごく、すごく大好きです」でした。

イモトに称賛

そんなイモトさんの姿を見ていた視聴者は、ファンとして憧れのアーティストを想い、断固としてパパラッチ行為を拒否したイモトさんの姿は、多くの人の心を打ちました。

ネット上では、イモトさんの言動を称賛する声や、ファン心理に同意する声が多数ありました。

・イモトを見ていて、「ファンはこうでないとね」と思った。

・結局、パパラッチも出待ちもしなかった、イモト偉いぞ!

・自分は別に安室ちゃんファンじゃないのに、見ていて涙が出ました…。

・どのジャンルでもいえることですよね。マナーを守って楽しむのが一番です!

長年、憧れていた人に会い夢だった共演の夢も叶えたイモトさん。

夢は頑張っていれば…信じていれば…絶対叶うということを証明してくれました。

また自身がつらい時やロケが大変な時、何度も安室さんに励まされてきたといいます。

まさに『ファンの鑑』といえるイモトさんの姿は、安室さんに限らず、いろいろな層のファンに響いたのではないでしょうか。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード