情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

自分ルールで間違いない...刑法の教授・島岡まなが違法行為で自慢ツイートで大炎上!!

2018/07/06 UPDATE
 
6,839 views

島岡まな教授のとあるツイート

大阪大学の島岡まな教授がとあるツイートをし、炎上しています。

それは、島岡まな教授自身のTwitterに、立場上信じられない驚くような内容をツイート。

この内容に学生が反応し告発しました。

そして「阪大やめたくなった」という言葉とともに、添付されたキャプチャ画像には信じられない文章が…。

一体どういうことなのでしょうか。

理屈

では、その驚く内容のTwitterを見てみましょう。

刑法の島岡まな教授は、何と!信号無視をした自分こそが正しいとこのように理屈をつけ、全世界に発信しました。

さて、この驚愕の内容をツイートしたのは大学教授、しかもよりによって、刑法の専門家が違法行為を正しいと自慢をしてしまうとは…。

ではこの島岡まな教授とは、どのような方なのでしょうか。

慶應卒で刑法を専門とし、2006年より大阪大学・大学院高等司法研究科の教授に就いています。

また、フランスには1990年から1993年までのたった3年間、グルノーブル大学・大学院に留学していたといいます。

(ここで改ページします)

この素晴らしい経歴をふまえて、島岡まな教授はこのように自身の理屈を唱えて、違法行為を犯したことを正当化したツイートをしました。

ちょうどTwitterが流行り始めた頃に、中高生が馬鹿な行為をセルフ開示して炎上し「バカッター」「バカ発見機」という蔑称がつきました。

そして、まさに今、このような行為と同じことを公表した大学教授。

このことは前代未聞。

さらに「フランスなら…」という比較からして、ここは日本なわけでそんな主張は通用しませんし、社会を良くしたいという思いから意見を述べたいのであれば、自身が経験した事例を挙げて「法律を変えるべき」「特例を認めるべき」などという主張に繋げればいい話です。

ですが、「信号無視をした。私が正しい。周囲のみんなは間違っている」と、結局このような内容で、何が言いたいのかさっぱりわかりません。

安易な考え

何年も前にたった3年留学しただけで、フランス基準に染まってしまった島岡まな教授。

そんなフランス思考であれば、信号無視をしたら白い目で見られる日本は、ずいぶんとストレスが多そうなので、いっそのことフランスに引っ越してはいかがでしょうか。

冒頭の阪大生をはじめ、多くの学生たちが喜ぶと思いますよ。

ここで疑問なのは、今、このような地位のある人物が、なぜ安易に炎上するような発言をしてしまうのでしょう。

冷静に考えれば、明らかにその発言はおかしく、異常とも思えます。

たとえそのように思っていたとしても、普通であればわざわざ公表しません。

それを、全世界に発信!

一体何がしたいのでしょう。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード