情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

坂口憲二が始めた、地元のサーファーに大人気の新ビジネスとは??

2018/04/13 UPDATE
 
4,687 views

意外な新ビジネスをする坂口憲二

病により、無期限の芸能活動を休止している俳優の坂口憲二さん。

難病だということで業界内から驚きの声がありましたが、意外にも新ビジネスをこなしていることがわかりました。

一体どのようなことをしているのでしょうか。

《約3年前から体調を崩しており、このままでは仕事関係者の皆様にもご迷惑をお掛けすることになり、これ以上仕事を続けていくことはできないと判断しました。》

3月31日に坂口憲二さんが発表した内容に驚いた人がたくさんいたと思います。

無期限の芸能活動休止をしていて、所属事務所も5月で退社することになっています。

芸能活動休止し、事務所を退社することになった理由は、国が指定する特定疾患を患っているからです。

2012年ごろから右股関節に痛みを感じ始めて、2015年には難病の特発性大腿骨頭壊死症と診断されました。

手術を受けて3年間リハビリを行ったのですが、俳優としての活動を継続するのは難しいと判断したそうです。

1999年に俳優デビューをした坂口憲二さんは身長が185cmと背が高く、爽やかなルックスで”抱かれたい男性ランキング”で上位にランクインしていました。

モデルとしてデビューした坂口憲二さん。

イケメンなので好青年の役が似合っていた。

2006年に放送された『医龍』シリーズや2014年に放送された『続・最後から二番目の恋』などの演技では俳優としての評価が高かったそうです。

父親はプロレスラーで、坂口憲二さんは柔道二段を持つほどのスポーツマン。

頑健な肉体を誇っていましたが、病に襲われました。

収録現場では、スタッフが見ていないところで松葉杖を使っていたこともあり、2015年以降は体の負担になるので俳優の仕事を控えていました。

2016年の『NEXT 未来のために』や昨年の1月に放送された『君とボクの聖地巡礼~神秘の奈良・国宝美仏めぐり~』などのナレーションの仕事を主に行っていました。

難病により無期限の活動休止となると深刻なのだろうかと心配になりますよね。

少し前には歩けないほどだったそうです。

坂口憲二さんの知人の話によると現在は回復に向かっていて、普通に歩けるようになりました。

また、体の負担にならない程度にサーフィンを行っているといいます。

ここ2,3年は少しずつ症状が落ち着いたようで、平日は東京で生活し、土日は夏にはサーフィンをしに千葉県の九十九里浜の家で暮らしています。

家族と過ごし、時々サーファー仲間とサーファーを楽しんでいるようです。

回復してきた坂口憲二さんを見て復帰のよい機会だと思ったそうです。

「声優やナレーションの仕事など足に負担がかからない仕事を続けながら、俳優としての活動を復帰してもらいたいと考えていました。事務所の上層部も”今年こそ復活させたい”と考えていたそうです。」

しかし、坂口憲二さんは首を縦に振りませんでした。

昨年、『医龍』の制作陣が新シリーズの出演をオファーをしたのですが、「いつ病状が悪化するかわからない状態でオファーを受ける訳にはいかない」と断ったといいます。

中途半端な気持ちで仕事はできないと思う気持ちはわかりますが、事務所をやめることはなかったのでないかと思います。

芸能活動休止を決めたのは、このような理由もあります。

どうして芸能活動を休止したのか

芸能活動休止というのは奥さんやまだ小さいお子さんの事を考えてのことでした。

坂口憲二さんの奥さんは3人目のお子さんを妊娠中で少し前にわかったばかりだといいます。

2014年の3月に飲食店を経営する京都出身の30代の女性と結婚し、現在3歳と1歳のお子さんがいます。

小さなお子さんに加えてもう1人生まれると子育てが大変です。

坂口憲二さんは家庭で過ごす時間が必要だと思ったのかもしれません。

自分の足の治療もありますが、芸能活動を休止することは奥さんのサポートをしたいと思ったからなのでしょう。

芸能界引退ということまでは考えていないようです。

いつになるかわかりませんが、仕事復帰しようと思っているようです。

家族のために行動しているのだと思います。

家族に対して愛情を注いでいる坂口憲二さん。もう一つ大切にしていることがあります。

それはサーフィンです。

元々サーフィンが好きで海に行ったようで、中でも千葉県の九十九里は気に入っているといいます。

10年以上前から来ていて、サーファー仲間もいますし、お気に入りの焼肉店や居酒屋もあるそうです。

2012年には九十九里に2階建ての一戸建てを購入しています。

夏になるとサーファー仲間と一緒にいて昼間はサーフィン、夕方からお庭でバーベキューをしていました。

「近隣の住民によると礼儀が正しく、芸能人だからと気取ったりしない人」という印象があります。

最近は見かけることがなく、最後に見たのは5年前で足が悪いようには見えなかったそうです。

今は、違う人が住んでいるので引っ越したのかもしれません。

坂口憲二さんは前に住んでいた家よりも海に近い場所に住んでいて、現在の家にある広い庭にヤシの木が植えているそうです。

2階建てで黒塗りのゴージャスな別荘だといいます。

最近は、大好きな九十九里で新しい仕事を始めていました。

そんな彼の現在の生活についてさらに詳しく知りたい方はコチラをご覧ください↓↓

(ここで改ページします)

新しく始めた仕事とは

半年前程からコーヒーの焙煎のお仕事をしています。

できたマメをサーファーショップに届けに来て、販売を行っています。

そのお店は坂口憲二さんと10年以上の付き合いがある男性が経営しており、地元では有名です。

平行してグッズのデザインも行っています。

そのデザインとは九十九里の文字が入った帽子やTシャツ、キーホルダーなどです。

坂口憲二さんは手先が器用でセンスも抜群。

コーヒーもグッズもサーファーさんに人気です。

お子さんのことや活動休止の理由は新しい仕事に対して所属事務所に問い合わせるとプライベートのことで、答えられないと言われたのです。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード