情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ビートたけしが楽屋に帰る途中にした、心温まる優しさとは?
?

2018/04/10 UPDATE
 
1,119 views

いつもと違った

ビートたけしさんは、いつも収録が終わると楽屋に戻り着替えてすぐ帰るそうです。



しかし、この日はいつもと少し違いました。


楽屋に帰る途中に、廊下でじっと立って何かを見つめています。



それを見ていたお弟子さんが声をかけました。


「殿、何をしているのですか?早く帰りましょう」



そうすると、ビートたけしさんは、「待て。」と言ってお弟子さんを止めたのです。






器の大きいビートたけし

たけしさんの視線の先には、何か気になるものがありました。

目の色をうかがうと、優しさと厳しさがまじわっているように見えました。



ビートたけしさんが見ていたものとはなんでしょうか。



それは、廊下の先にまだ名前も売れていないような若手のコンビが一生懸命ネタ合わせをしているところです。



そんな彼らを見て、たけしさんは
「俺が通ると練習を中断して挨拶しなければならなくなる。あのネタが終わるまで待て。」と行ったのです。



(ここで改ページします)

昔を思い出した!?

もしかすると若手のコンビの姿が、かつての自分に見えたのかもしれません。



たけしさんの器の大きさや優しさを感じますね。



世界的に有名なビートたけしさんですが、自分だけのことではなく、頑張っている人のことを考えている姿はとても素敵だと思います。



たくさんの人に慕われる理由はそこにあるのかもしれません。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード