情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

日本人選手の妨害をした、北朝鮮のチョン・グァンボム選手は何者??

2018/02/26 UPDATE
 
11,430 views

渡邊啓太選手を妨害したのは誰?

ショートトラックスピードスケートの競技で日本人選手の渡邊啓太選手の妨害をしたのは北朝鮮のチョン・グァンボム選手。

ネットでは「北朝鮮の選手」という呼び方が最も使われていて名前で呼ぶ人は少ないと言われていました。

彼のプロフィールを紹介すると、

名前:チョン・グァンボム(Kwang Bom JONG)ジョン・グァンポムと表記されることもあります。

誕生日:2001年7月29日、年齢:16歳、身長176cm、ショートトラック競技の代表選手で北朝鮮出身です。

英語版のサイトにもこのような情報が掲載されています。

顔つきは独特で、16歳と若い選手ですが、特別な役割を任されて渡邊啓太選手を怪我させようとしたのか、それとも個人的な勘定によるものだったのでしょうか。

動画を色んな角度から何度見ても妨害していることがわかります。

(ここで改ページします)

チョン・グァンボム選手の妨害行為とは

チョン・グァンボム選手がころんだ時に渡邊啓太選手の方に向かっていますよね。

スタートをしたものの途中でストップがかかりました。

そしてスタートからやりなおしをします。

スタートしてからチョン・グァンボム選手は渡邊啓太選手のユニホームを掴み妨害しました。

2回目は、手をついて転びました。

処分は失格と言う結果になりました。

今回の行為は許されないことだと思います。

渡邊啓太選手は、準々決勝に進むことになりました。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード