情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

YouTuberのHIKAKINさんがYouTubeの頂点に立っている理由!かっこいいし面白いヒカキンとは!

2017/12/19 UPDATE
 
672 views

ブンブンハローYouTube

どうも皆さんこんにちは。

突然ですが皆さんはYouTubeをよくご覧になられますか?

最近ではYouTuberが増えてきましたよね!

そんな彼らの頂点に立つのがそう、ヒカキンさんですね!

今回はヒカキンさんが頂点であるが故の理由を説明したいと思います!

そもそもヒカキンとは?

HIKAKIN(ヒカキン、1989年4月21日[1][2] - )は、

日本のYouTuber・ヒューマンビートボクサーである。UUUM株式会社ファウンダー。


YouTubeにて4つのチャンネルを保有しており、2017年5月現在、全チャンネルの合計登録

者約921万人・合計再生回数は59億回に達している[4]。

ヒカキンが頂点である理由とは

YouTubeを続けている年数

ヒカキンさんはなんと2007年からYouTubeに動画を投稿して、

これはYouTubeがまだ収益化もされていない時代からコツコツあげてきたということですね。

当時は主にヒューマンビートボックスの動画を多くあげており、

2010年にアップロードした動画「Super Mario Beatbox」が

YouTubeにおける日本国内月間アクセス一位を記録し、

アメリカ合衆国の『CBS News』のトップニュースで取り上げられた程でした!

継続は力とはいいますが、まさにそれを表していますね!

動画作成に費やしている時間、本数

ヒカキンさんが人気な理由の一つとして、

動画に対する時間の費やし方や本数にあると私は思っています。

そう思うが故の動画があるのでまず見てほしいです。

その動画とはこれですね!

ヒカキンさんの1日に密着した、という動画なのですが大体こんな生活を送っているそうです!

スケジュールは大体こんな感じだったそうで

4時 起床して食事(コンビニ飯)
5時 めざましテレビ出演のためフジテレビへ
9時 帰宅して部屋掃除や事務仕事
12時 動画撮影→編集→投稿
18時 動画撮影→編集→投稿
20時 動画撮影
21時 行きつけのマッサージに行きスーパーやコンビニで買い出し
23時半 帰宅して食事(コンビニ飯)
0時45分 20時に撮影した動画編集
1時45分 1日密着動画の編集
2時48分 動画編集終了

とかなり多忙です!

睡眠時間は大体2~3時間しかなく、編集や撮影もすべて一人でやっている点にも

好感を持てる理由の一つになっていると思います!

動画も毎日挙げている点もその一つですね!

次のページに続きます
(ここで改ページします)

ファンサービスが凄い!

最後のヒカキンさんが人気である理由なのですが、

これはファンサービスが凄いと言う所が大きいと思います!

それを感じ取れる動画をまずはご覧ください。

これは2017年の8月から9月にかけて開催されいていたYouTuber展 in 名古屋の動画なのですが

この時のヒカキンさんのファンサービスが神掛かっていると話題になりました!

動画内では色々なお願いをされており、「頭を撫でてください!」「壁ドンをしてください!」

というお願いからなんと「腋のにおいをかがせてください」とビックリするようなお願いですら

顔色一つ変えず、むしろ笑顔で応えていた時には本当に凄いと思いました!

中には感動で号泣してしまう人も何人かいましたね!

そしてもっとも凄いと話題になっていたのがこれですね!

そう、どんなファンであっても子供であっても

目線や姿勢を合わせて話すという所です!

これを見た時は本当に人の好さに感動しました!

この動画以来一気にファンが増えたと感じました!

これからも頑張ってほしい!

ヒカキンさんが人気な理由を数々紹介しましたが、いかがでしたか?

あまり動画を見ずに悪いイメージを持っていた人も、

少しは良いイメージになったのではないかと思います!

ヒカキンさんの今後の動きにも注目したいですね!

コメント

2
  • 1. まとめいく訪問者
    2017-12-19 16:47:05 [通報]
    「故の」の使い方を間違えてないか?
    2
    1
  • 2. まとめいく訪問者
    2017-12-19 16:48:21 [通報]
    それにしてもヘタクソな文章だなww
    1
    3
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード