情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

「イクメン」が普通だった!? 江戸時代の武士の父はかなりの「教育パパ」だった

武士が「イクメン」!?
2016/07/25 UPDATE
 
260 views

積極的に育児に参加する男性のことをさす「イクメン」という言葉。

男性の育児休暇取得に積極的な会社も出てきましたが、江戸時代のお父さん
たちは、なんと「イクメン」であることが普通だったようです。

父親たちが育児を担う、その合理的な背景とは?

武士は「教育パパ」だった

近世の人々にとって、家を豊かにし後代に伝えることが自分や家族の命運を握る鍵でした。それはとりもなおさず、子どもに学を与え、賢く育てて家督を譲ることを意味しました。家だけが自分を守る盾であった時代、教育に熱心であることは美徳であり、差し迫った課題だったのです。

武士の場合、父親はまず、子に学問を教える「教育パパ」でした。上級武士と下級武士の垣根はあったものの、それを乗り越えて勘定方の地位を得るなど、能力次第でエリートへの道も拓けたからです。

林子平の『父兄訓』が象徴するように、育児の監督責任は父親にあり、父親向けの心得を説くことが、育児書でも一般的でした。

そればかりでなく、陣屋という見張り小屋での宿直に、父親が日常的に子どもを連れて泊まったとの記録があります。また、公事という裁判を覗きに行った子どもが、公事方である父親の姿を誇らしく見ていたという日記もあります。

花見などの行事や子どもの遊びに父親が関わるのもしごく普通のことでした。職住接近だからこそ、可能であったことでもあります。
出典: president.jp

子育てしない父親は「無能者」!?

「児孫のために美田を買わず」と言いますが、美田を遺し、それを守る
子どもを育てることが父親の役目だったのです。

農家での父親の子育てはどうだったのでしょうか。

農家でも父親の子育ては重要でした。作物を工夫し、土地を富ませ、それを次代に譲ることが人生の一大事。村で出来高の少ない家が出れば、一蓮托生で村全体の責任になるため、落ちこぼれを出してはならなかったのです。

18世紀初頭、会津の篤農家は、子どもをよく教え育てることが大切で、うまく育てられないのは親の恥であるという和歌を残しています。

農村では、父親が農作業で培った知恵や技術を、子育てを通じて子に教え伝える構造が確立していました。賢い子どもを育てることのできる父親が、すなわち仕事ができる、能力のある人間である、という価値観がゆきわたっていたのです。

しかし、明治以降、日本が西欧に追いつこうと邁進する中で、職場と家庭は分離し、子育てにおける父親の役割も次第に消失していきました。
出典: president.jp

いつから、「家事育児分業」になったの?

女性だけが家事育児を担う専業主婦は、男性がサラリーマンとして月給を貰うようになった大正時代に生まれ、高度成長期に広がりました。

1975年以降は共働きが増えていますが、現在、共働き家庭でも女性の家事従事時間は男性の約8倍です。

男性の家事育児が増えない理由は主に、(1)男性の労働時間が長すぎる。(2)男性の時給が高く、女性が家事を担うほうが合理的である。(3)男は仕事、女は家事という役割分担意識に縛られている──の3つです。

しかし、最近では男性も女性に働いてほしいと思っています。男性が結婚相手に望むライフコースでは、87年には約38%が「専業主婦」と答えていますが、2010年は約11%に減少し、仕事と家庭の両立を望む人の割合が増えました(グラフ参照)。

例えば男性だけが働いて年収400万円の場合、男性が残業をやめ育児や家事を分担し、その分女性が働いて300万円ずつ稼いだらどうでしょう。

家計収入は600万円に増え、女性は働く機会、男性は育児の機会を得、人生はより充実します。
出典: president.jp

どうしたら「イクメン」はもっと増えるのか?

ところがわが国には「配偶者控除」と「第3号被保険者制度」という専業主婦優遇政策があるため、女性は育児休業制度があっても第1子の出産で退職し、復職しても優遇政策の範囲に収まる非正規で働くケースが多い。これらの制度を撤廃すれば、主婦たちが雪崩を打って働き始め、イクメンが増えるはずです。
出典: president.jp

男だけが働けばいいというわけでも、
女だけが家事、育児、子育てをやればいいというわけでもありません。

江戸の風習から、平成の世にも必要なものは得られるはずです。

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス
1008円
販売サイトをチェック
MENコス 侍
3144円
販売サイトをチェック
【ノーブランド品】脱ぎ着ラクラク!粋な男の一張羅 武士服 セット (全2色) (ブラック)
2930円
販売サイトをチェック
水戸黄門セット
3122円
販売サイトをチェック

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード