情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

8.6秒バズーカーが現在が悲惨!月収1000万円からの転落!

8.6秒バズーカーといえば「ラッスンゴレライ」ネタで大ブレイクした芸人だ。 現在はテレビから全く見なくなってしまったようだ。 そんな8.6秒バズーカーが月収を暴露したことが話題に。
2018/08/16 UPDATE
 
117 views

8.6秒バズーカーとは?

8.6秒バズーカーは、日本のお笑いコンビ、タレントである。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪所属。略して「ハチロク」とも言われる。

次世代のオリエンタルラジオと言われた彼だが、一瞬で消えてしまった。

やはり芸能界を生き抜くには、リズムネタの他にも何か能力が必要だったと考えられる。


8.6秒バズーカー最高月収は?

2014年にデビューし、史上最速となる結成11か月で「なんばグランド花月」での初単独ライブを成功させたことが話題だった。

テレビで見ない日々がなかった彼らの最高月収は、最高月収は1人500万円だったようだ。


2人で1000万円の月収という計算になる。


年収ではなく月収だ。


なかなか普通のサラリーマンでは無理な数字である。


8.6秒バズーカーが現在が悲惨

――ところで、最高月収は1人500万円だったそうですが、今は?

田中:直近の月収で言うと、ぼくは70万円、30万円、50万円でしたね。

――案外、多いですね。

田中:もっと悲しいやつのほうがよかったですか?(笑い) ぼくらを叩いてるやつよりもらってるかも(笑い)。

はま:やめろ、また別の意味で炎上するから。

田中:テレビの仕事は減っても、営業は全国に行ってますから。結婚式の余興もするし、ショッピングセンターとか、劇場とか。

とのことだ!

以外にも高収入だった!



月収1000万まではいかないが、十分もらえている金額にも見える。

現在は地道に営業活動しているようなので、そこからの収入がメインだそうだ。



若い頃から成功した彼らなのでセンスはあるはずだ。

きっとその才能を生かして新しいことにチャレンジして生み出していくだろう。


ネットの声

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード