情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

休日にベランダでタバコを吸っていた男性...なぜか交番へ連行されるはめに・・・

2018/08/12 UPDATE
 
1,313 views

身勝手な疑いをかけられた男性

今年で28歳になると言う男性。

ある日、いつものように自宅の2階のベランダで普通のTシャツと高校のジャージでタバコを吸っていました。

すると、目の前の駐車場に一台のパトカーが停まり、中から2人の警察官が出てきて「その服、○○高校だよね?高校生がタバコ吸っちゃダメだよ」と、男性に向かって言って来たのです。

男性が免許証を提示すると、今度は「これ本当にキミの?兄弟とかいるんじゃない?」と疑い始めた警察官たち。

なんと信じてもらえず、交番に連行されてしまったのです。

果たして男性の身柄は?

男性は、待ちに待った休日なのになぜ交番に行かなければならないのかと必死に抵抗するも「あんまり嫌がってると印章悪くなるし執行妨害ってこともできるんだよ」 と言われ渋々交番へ行くことに。

しかし、行くのは百歩譲っても「せめてこんな格好は着替えさせてくれ」と言うと、「それだと証拠にならないしダメだよ」と言われたのです。

何を言っても通用せず、仕方なくそのままパトカー乗った男性。

(ここで改ページします)

交番に着くと4人の警察官に囲まれ、供述書のようなものを出されました。

「とりあえず僕の言う通りに書いて。私は未成年でありながら......」

男性は慌てて「いやちょっと待ってください!」と一言。

高校生ではなく28歳だと言っても信じてもらえない男性は、恥を覚悟で仕事中の妻に電話をしました。

すると10分程で妻が交番に到着。

ついでに、家族ぐるみの付き合いをしている妻の上司も来てくれたのです。

そこでやっと男性の疑いがはれたのです。

警察官の態度に残る疑問

その後、やっと身分が証明された男性。

この間約4時間もかかり、さすがに妻や妻の上司も激怒。

「最初から嘘なんてついていないのに勝手に決めつけてたのはお前らじゃねーか!」と壮絶な言い争いをしたと言います。

極め付けは、帰り際に警察官から「そういう誤解されやすいことしちゃダメだよ」と言われ釈放されたこと。

男性にとっては、ただ部屋着を着て休日にくつろいでいただけに過ぎなかったでしょう。

警察官も間違いを認めきちんも謝罪すべきですよね...。

職権を利用した傲慢な態度に疑問が残ります。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード