情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

桃田賢斗が好マナー!カジノ事件後の改心で世界ランキング上位に!

バドミントン桃田賢斗がみせた好マナーの内容。違法カジノ問題振り返り。世界ランキングは何位?
2018/08/05 UPDATE
 
740 views

桃田賢斗のプロフィール

桃田 賢斗(ももた けんと、1994年9月1日 - )は、日本のバドミントン選手。
バドミントン日本代表。香川県三豊郡三野町(現三豊市)出身。三豊市立吉津小学校、福島県富岡町立富岡第一中学校、福島県立富岡高等学校を卒業し、2013年4月にNTT東日本へ入社。

日本ランクでは最高1位、世界ランクでは最高2位になったこともあります。
実力はもちろんですが、ルックスもかっこいいと人気の選手です。

▼桃田賢斗twitter

▼桃田賢斗インスタグラム

桃田賢斗のカジノ違法賭博問題

世界ランキング2位を保持していた桃田賢斗選手は当時21だった。

同じNTT東日本バドミントン部に所属していた田児賢一選手に誘われ、国内の違法な闇カジノ店に出入りしていたことが発覚。

それに対して本人は、闇カジノ店での賭博を認め世界ランキングは抹消された。同時に無期限の出場停止処分も受けた。

違法な行為をしてしまったことは罪に問われますが、高校を卒業して、大学を経ずにいきなり実業団入りした桃田賢斗選手は、競技の実力は突出していても、精神的にはまだまだ未熟な部分があったのかもしれません。

カジノでの違法賭博問題後の改心

1年1カ月の謹慎期間を経て2017年5月に開催された「バドミントン日本ランキングサーキット大会」で復帰。
同大会で優勝を飾った桃田は、東京五輪出場を目指し、世界ランクを上げるために自費で国際大会に参戦している。

インタビューでは、カジノでの違法賭博問題を振り返りこう話している

「今考えると、あの時間はバドミントン以外のことを成長させてくれた時間だった」
「ただ勝てばいい、と思っていた。他人への配慮が欠けていたし、人としては本当にだめだった」


自身の行為に反省をして、現在はバドミントンに真剣に取り組んでいるようです。

人としても成長したという桃田賢斗選手。試合の中でもその成長ぶりがみられるシーンがありました。

桃田賢斗の好マナー

2018年7月31日【中国・南京】男子シングルス1回戦での出来事
試合後、小さくガッツポーズをしてあいさつを済ませると、何かに気付き相手コートへ。自分が放ったウイニングショットの球を拾い、審判へと届けた。誰にアピールするわけでもない、ささやかなマナーだった。


コートやショットの感触を確かめるだけでなく、相手側に落ちた球を拾うなど好マナーを披露。
試合も2-0で勝利した桃田賢斗選手に激励の声が多数。

桃田賢斗2018年世界ランキング

過去には世界ランキングで2位に輝いたこともある桃田賢斗選手。

BWF(世界バドミントン連盟)が発表する世界ランキングでは、2018年8月2日付では、6位に浮上している。

【世界選手権2018】では、桃田賢斗選手が完勝で決勝進出している。

このまま世界ランキングが上がっていけば、2020年に開催される東京オリンピックへの出場もあり得ますね。

まとめ

2020年の東京オリンピックへの出場も期待されている桃田賢斗選手。
今後の活躍に期待です!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード