情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

江戸川区花火大会2018の穴場と屋台の場所!

江戸川区花火大会2018の穴場スポットと屋台の場所はここです!
2018/07/28 UPDATE
 
225 views

江戸川区花火大会2018

■日程:2018年8月4日(土)
■時間:19:15~20:30
■会場:江戸川河川敷(都立篠崎公園先)
■悪天候の場合:翌日に延期(例年)
■打上げ数:約14,000発
■例年の人出:139万人

江戸川区花火大会の見どころ

1)オープニングを見逃さないで

19時15分からの5秒間で1000発もの花火が

打ち上げられるオープニング。

とにかく豪華、観客を一気にその世界観へと連れ去ります。

そして、このオープニングを待つカウントダウン。

わくわくです。

ぜひ他の観客と一緒にカウントダウンなさって下さい。

2)BGM付き1万4千発

打ち上げは7時15分から8時30分。

この75分の間に1万4千発の花火が夜空をきらびやかに飾ります。

プログラムは8つのテーマに分かれテーマに合わせたBGMが。

目だけではなく耳でも!十分に楽しむことができます。

それぞれ全く違うテーストの花火をどうぞ。

3)フィナーレ

花火の最後には同じ金色の花火が続けて打ち上がり

金冠が金色の線を放つようにしてフィナーレを迎えます。

観客も拍手。

フィナーレには惜しみなく花火が続いて

一番感動なさるかもしれません。

江戸川区花火大会2018のプログラム

江戸川区花火大会2018の見どころポイント

どのプログラムも楽しみではありますが

江戸川区花火大会2018の見どころは

何といっても毎年恒例になっているオープニングの

「5秒間1000発打ち」とエンディングの「夜空一面に広がる金カムロシャワー」です。

夜空一面を埋め尽くすような花火は本当に大迫力!

「うわぁぁぁ、すげぇーーーー」

と大興奮してしまう方も決して少なくありません。

最後には自然と拍手が湧き起ります。

江戸川区花火大会2018の開催場所

江戸川区花火大会2018の開催場所は例年通り

東京都江戸川区の都立篠崎公園先にある江戸川河川敷です
(上記の地図は花火の打上地点を指しています)。

江戸川区花火大会2018の観賞エリアへのアクセス方法は

上記の表をご参考ください。

江戸川区花火大会2018のアクセス方法

・都営地下鉄:篠崎駅から徒歩15分
・JR:小岩駅から徒歩25分

篠崎駅・小岩駅は大混雑になります。少し遠いですがおすすめはこちら。

・京成電鉄:京成江戸川駅から徒歩25分
・都営地下鉄:瑞江駅から徒歩45分

江戸川区側の人出は90万人。

一帯は交通規制が敷かれ

車はもとより自転車も人混みで通行できない状態になります。

電車と徒歩でどうぞ。

江戸川区花火大会2018の混雑

人気で混雑する場所

打ち上げ場所そばの河川敷
・・・場所取りは当日朝から。午後3時ころまでに行けば場所を確保できます。

篠崎公園
・・・8月4日(木)芝刈りが終わったら場所取りできます。
でも広い公園なので当日4時ころまでに行っても座る場所を確保できます。

花火が始まってから場所を移動するのはかなり大変です。
食事は花火の前にすませたり、お弁当を持参なさって下さい。

帰りの混雑

帰りの駅も電車も大混雑。

フィナーレまで見て帰る人が多いので

他の観客と一緒に電車に向かって動き続ける感じになります。

篠崎駅・小岩駅には入場規制が。

その日のうちには帰れない覚悟も必要です。

江戸川区花火大会2018の屋台

花火大会と言えば、鉄板といっても過言ではない「屋台」

しかし、江戸川区花火大会に参加した方の中には屋台がなかった

という声が多くあるようです。

なぜこのような事が起きているかというと
実は、花火大会当日は、かなりの混雑が容易に予想できます。

その為、江戸川区側は屋台が制限されているようなんです。



ですから、江戸川区の花火大会に参加して

屋台に遭遇しなかった人たちは恐らく

江戸川区側から花火を見物した方々であろうと思います。



しかし、ご安心下さい!このような情報もあります。

そうなんです。

花火の打ち上げ会場付近にはありませんが

会場に向かう道中に屋台やコンビニが出している露店などがあるみたいです。

中でも、篠崎駅や小岩駅周辺には多くの屋台が出店されている模様です。

さらに、江戸川区花火大会は市川市の花火大会と同じ日に開催されますから

市川市側の江戸川土手にも数多くの屋台が出店しているようです。

ですから、「花火と言ったら、屋台でしょ」という貴方は江戸川区側ではなく

市川市側からの花火見物がオススメですね!

江戸川区花火大会2018の穴場スポット

篠崎公園

大人数で行くときはココ!花火の迫力も十分だし

しかもちゃんとしたトイレがいくつかあるから

花火の穴場スポットとしてすごく良い場所です。

行徳会場

市川市側の公式の会場の1つです。

花火から距離があるので

やや小さい花火となってしまいますが

その分、人の数は多すぎず、ゆっくりと花火を楽しめます。

江戸川河川敷総武線陸橋付近

昔から穴場としてしられている場所です。

花火を高い建物が遮らないので

観覧するにはもってこい。

距離の分花火は小さくなってしまいますが

ゆっくり見るならベターな場所。

ポニーランド付近

打ち上げ会場近くに人が殺到するので

この位離れると、わりかしゆったりとしている。

花火の迫力は減るが

混雑が苦手な方なら遠くが良い。

大洲防災公園

河川敷よりは若干距離はあるが、花火を真正面から捉える事が出来る。

河川敷ほどは混雑しない。

と言っても、時間によっては微妙かも。

市川市側河川敷

江戸川区側よりは市川市側の方がゆったりと花火を楽しめます。

江戸川区花火大会の交通規制について

当日は、17:00~22:00まで会場周辺で車両通行止などの交通規制があります。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード