情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

久保木愛弓の全供述が怖すぎる・・・

久保木愛弓はサイコパスのようですね。全供述が怖すぎます!
2018/07/12 UPDATE
 
14,123 views

久保木愛弓はサイコパス!

久保木愛弓容疑者はこれまでの任意聴取に関与を否定していたが、一転

「事件の2か月前から、複数の患者の点滴に消毒液を入れ始めた」

と殺害を認めたほか

「20人以上殺した。ストレスがあった」とも供述。

動機については

「自分の勤務中に患者が亡くなると遺族への説明をしなければならず苦痛だった」

と語っている。

20人以上殺害したと発言していることに対し

7月9日放送の「スッキリ」(日本テレビ)に出演した

読売新聞特別編集委員の橋本五郎氏は

「これは完全にマヒしているのかね」とコメント。

また動機については

「だって病院ってそういうとこでしょ。それが仕事じゃないですか。
いやなんともね恐ろしくて、まあみんな病院がそうだってわけじゃありませんけど
そんなことが頭にあるとね、これ大変ですよ」

と語った。

ネット上でも「あ、これがサイコパスか!」

「なんの為に看護師になったのかって思う」

などのコメントが飛び交っている。

久保木愛弓全供述

「わたし、患者さんがなくなって○○です」

「わたしだけは絶対に△△と言い切れる」

「事件が起きてずっとショックを受けてる」

「どうして私を疑うのかなって」

「わたしは、患者さんが亡くなって悲しいのに」

「わたしが犯人だって、そういう目で見てくるのが辛い」

「わたしだけは絶対に違うと言い切れる」


恐ろしいところは

彼女はこの段階で20人以上に手をかけた後の供述なのだ。

「事件が起きてずっとショックを受けてる」

「どうして私を疑うのかなって」

「わたしは、患者さんが亡くなって悲しいのに」

「わたしが犯人だって、そういう目で見てくるのが辛い」

「わたしだけは絶対に違うと言い切れる」

Q:現在仕事は何をしている?

「仕事はしていない」

「一度、看護師に復職したんだけど、色々合わなくてやめちゃった」

「今は別の仕事を探してるけど難しそう。」

Q:事件が起こった病院に対してどう思いますか?

「管理体制が不十分ですよね」

「責任体制も杜撰だし」

「最初の段階で早く動いていれば、こんなことにはならなかったのに、直したほうがいい」

Q:犯人に対して、久保木さんはどう思いますか?

「早く捕まってほしいって思います」

「事件が起きたときは、自首してくれないかなって心から願ってました」

「でもここまで自首してないってことは、今後もすることないですよね・・・」


※逮捕経緯:久保木あゆみの看護服にだけ、ポケット内から凶器として使われた「ヂアミトール」の反応があった。

「ヂアミトール」を隠し持って移動していた状況証拠として使えると判断し、神奈川県警が久保木あゆみに任意同行をかける。2日目の事情聴取で自供した


「4人の点滴袋にヂアミトールを入れたのは私です」

「他にも、20人以上やりました」

「わたしの担当する時間に死なれるのが面倒だった」

「遺族に説明しないといけない」

「だから他の人が勤務する時間にやった」

当日の具体的な流れ:

西川さんが亡くなった2016年9月18日、久保木あゆみは15時に出勤した。



久保木あゆみは思った。「17時からわたしの担当か・・・この時間に西川さんが死んだら面倒だなー。またやればいいか、面倒くさいけど」



久保木あゆみが16時45分に西川さんの病室に入り、西川さんの点滴袋にヂアミトールを注射器で注入



16時50分に西川さんの容体が急変、数十分後亡くなる

「患者さんに謝りたい」

「申し訳ありません」

「死刑にして欲しい。死んで償いたいです」

大口病院の奇行をツイッターで配信している人物がいた

この人物が誰かは定かではありません。

大口病院の内部の人間でしょうか。

看護士なのかもしれません。

久保木愛弓容疑者の逮捕をどういう思いで見ているのか・・

久保木あゆみ看護師が48人殺している状況証拠

久保木あゆみは「20人以上やった」と言っています。

しかし私は48人やっていると思っています。

2016年7月1日~9月20日の死者の数は48人。

そして、久保木あゆみがやめてから2か月間

病院内で誰も亡くなっていません

あなたはどう思いますか?20人でしょうか?

48人でしょうか?偶然? 僕はあり得ないと思いますね

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード