情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

桂歌丸の若い頃がイケメンすぎる!

カツラ歌丸さんが死去されましたが若い頃がイケメンすぎます!
2018/07/02 UPDATE
 
519 views

桂歌丸(かつら うたまる)

桂 歌丸(かつら うたまる、1936年〈昭和11年〉8月14日 - )は

日本の落語家。

神奈川県横浜市中区真金町(現:南区真金町)の出身・在住。定紋は『丸に横木瓜』。

血液型はA型。

横浜市立横浜商業高等学校定時制中退。

地元・横浜においては横浜にぎわい座館長(2代目)

横浜橋通商店街名誉顧問も務めている。

位階勲等は旭日小綬章。

桂歌丸の死因や病気は?

さて、早速ですが、桂歌丸さんの

亡くなった死因や今までの病気について

調査していきますね!



最初に結論として死因を先に書くと

「慢性閉塞性肺疾患」ということです。



ただ、病歴としては

2016年7月:腸閉塞
2016年12月:肺炎(定期健診)
2017年1月:肺炎
2017年4月:肺炎
となっているので、肺疾患を常に抱えていたようです。

本名や若い頃の経歴は?

名前:桂歌丸(かつら・うたまる)
本名:椎名巌(しいな・いわお)
生年月日:1936年8月14日(享年81歳)
出身:神奈川県横浜市
名跡:
1. 古今亭今児(1951年 – 1961年)
2. 桂米坊(1961年 – 1964年)
3. 桂歌丸(1964年 – 2018年)
師匠:5代目古今亭今輔、4代目桂米丸
弟弟子:ヨネスケ
受賞歴:
横浜市市民功労賞(1989年)
文化庁芸術祭賞(1989年)
横浜文化賞(1991年)
神奈川文化賞(1996年)
芸術選奨文部科学大臣賞(2005年)
旭日小綬章(2007年)
文部科学大臣表彰(2016年)
出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E6%AD%8C%E4%B8%B8



桂歌丸さんの本名は

椎名巌さんと言うんですね。



横浜市の「遊女屋」の長男として生まれています。



祖母の椎名タネさんに育てられたそうで

しかも、このタネさんが相当力のある方で

横浜市で遊郭を経営されていたそうです。



桂歌丸さんは、その時から

ラジオで落語を聞くことが大好きで

目の前で春風亭柳昇の落語を見て

落語家になることを決心しています。



孫の意思を汲んでタネさんは知り合いのツテで

古今亭今輔に弟子入りさせています。



ここから桂歌丸さんの落語家人生が始まっています。

当時中学校3年生でした。



当初は古今亭今児と名乗っています。



しかし、師匠と様々な問題で破門状態になり

一時化粧品の営業マンをされていたそうです。。。

意外ですね。



しかし、何とか落語界に復帰し、

その際に兄弟子である

4代目桂米丸さんの弟子になっています。



で、このタイミングで名跡を「桂米坊」にし、

またすぐに今の「桂歌丸」にした経緯があります。



しかし、桂米丸さんの下で

ラジオ番組の構成やネタ作りの鍛錬

をしたことにより実力をつけたようです。



で、「笑点」の前身番組である

「金曜夜席」1回目からテレビ出演し

何度か病気療養などで休まれてましたが

2016年5月22日まで長く「笑点」で

活躍していました。

桂歌丸の若い頃がイケメンすぎる!

1979年当時の桂歌丸さん

芸術祭賞を受賞した喜びを語る桂歌丸さん

1969~71年頃

桂 歌丸 プロマイドギャラリー

コメント

1
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-07-07 21:20:47 [通報]
    イケメンより渋可愛い系?
    0
    1
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード