情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

少女時代現在は干された!?原因は所属事務所とのトラブル!?

日本で大ブームを巻き起こしていたK-POPのアイドルグループ少女時代。 現在テレビでみることがなくなりました。 芸能界から干されてしまったのでしょうか? 原因は一体なんなのか?
2018/07/05 UPDATE
 
85 views

少女時代とは?

活動期間:2007年8月5日〜

出身地:ソウル特別市

受賞歴:Mnet アジアミュージックアウォーズ 今年の歌手賞

レーベル:ポリドール・レコード

少女時代は、韓国の女性アイドルグループ。2007年8月に「また巡り逢えた世界 」でデビュー。2009年に発表した「Gee」が大ヒットし、一躍韓国アイドル界のトップスターとなる。韓国だけでなく、アジア諸国、日本、欧米でも活動を行っている。



2010年8月1日、ユニバーサルミュージック・ジャパン傘下のナユタウェイブレコーズからシングル『GENIE』で日本デビュー。


8月25日には東京・有明コロシアムでショーケースを行った。



当初は1回だけの公演の予定だったが、ファンからの要望が多かったため3回に増えた。



2010年10月にリリースされた日本での2枚目のシングル『Gee』は1週間でおよそ6万6000枚が売れ、日本人以外のアジア女性グループで初のオリコン・シングルウィークリーチャート2位を獲得した。



少女時代はこの年の『第52回日本レコード大賞』で新人賞、『第25回日本ゴールドディスク大賞』でニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)を受賞した。

少女時代のメンバーを人気順に紹介

韓国と日本では人気に差が出ているようですが、人気があるとされる順番は以下のように言われることが多そうです。

<韓国>
1位 テヨン・MV
2位 ユナ・LD
3位 ユリ・LD
4位 ジェシカ・LV
5年 ティファニー・LV
6位 ソヒョン・LV
7位 スヨン・LD
8位 サニー・LV
9位 ヒョヨン・MD



<日本>
1位 ユナ・LD
2位 テヨン・MV
3位 ソヒョン・LV
4位 ティファニー・LV
5年 スヨン・LD
6位 ジェシカ・LV
7位 ユリ・LD
8位 サニー・LV
9位 ヒョヨン・MD


このようになっています!

少女時代現在は干されたの?

一応2018年現在も精力的に活動を続けている少女時代ですが、全盛期に比べるとまったく名前を聞かなくなりましたね。



少女時代とインターネットで検索しても”現在”や”今何してる”といった、消息を確認するような内容ばかりです。



同じくK-POPアイドルのKARAが消えた理由の一つとして、所属事務所とのトラブルがありました。


華やかなアイドルの世界ですが、裏の部分が大きく報じられると、なんとなく印象が悪くなるんですよね…


少女時代は今のところ、所属事務所と”トラブル”といえるほど大きないざこざはありません。





でも、きっとファンからすると「なぜ3人は再契約しなかったのだろう」と考えてしまうのではないでしょうか?




最近の少女時代はアリーナツアーでは過去最少の動員人数を記録、最新シングルの売り上げも全盛期に比べて伸び悩んでいる状況です。



これも時代の流れで仕方ないですね。

世代交代か!?

現在日本で人気なTWICE!

若手と世代交代なのか!?


2016年4月10日、幕張メッセで開催された「KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN」に出演。 9月2~4日、国立代々木競技場 第一体育館で開催された「2016 JYP nation concert ”MIX&MATCH” in japan」に出演。


2018年1月19日〜2月1日、単独ツアー「TWICE SHOWCASE LIVE TOUR 2018 "Candy Pop"」を全国6都市で開催。 3月31日、幕張メッセにてハイタッチ会を開催[35]。 4月15日、幕張メッセにて「KCON 2018 Japan × M COUNTDOWN」に出演。



5月26〜27日さいたまスーパーアリーナ、6月2〜3日大阪城ホールにて単独ツアー


「TWICE 2ND TOUR 'TWICELAND ZONE 2 : Fantasy Park' IN JAPAN」を開催。 6月9〜10日、よみうりランドにてハイタッチ会を開催。 9月29〜10月17日、全国4都市にて「TWICE ARENA TOUR 2018(仮)」を開催予定。


また少女時代にスポットが当たることを期待してます。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード