情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

幸せとは!?タモリが語る幸福論が深い!!

幸せとはなにか真剣に考えたことはあるでしょうか? タモリさんが語る幸福論がとても深いということで調べてみました。
2018/06/27 UPDATE
 
946 views

タモリさんプロフィール

生年月日:1945年8月22日

出身地:南区

著書:タモリのTOKYO坂道美学入門

身長:161 cm



タモリ(1945年〈昭和20年〉8月22日 - )は、昭和・平成時代の日本の男性お笑いタレントで、漫談家、司会者でもある。本名は 森田 一義(もりた かずよし)で、芸名「タモリ」と併用することもある(例:『森田一義アワー 笑っていいとも!』)。福岡県福岡市域(1972年に南区となった地域)の出身(生まれ・育ちとも)。著名な親族としては、遠戚ながら伊佐山ひろ子(女優、作家)がいる。妻は2歳年上の一般人で、彼女自身の個人事務所の社長を務めている。



所属する芸能事務所は田辺エージェンシー(ほぼデビュー時以来)。ビートたけし、明石家さんまと共に、日本のお笑いビッグ3の一角を占める。

幸せとは何か!?タモリさんの名言種!!

人見知りじゃない奴は面白くない。

人見知りの人は周りのことがよく見えるから、その空気を読んで、面白いことができたり言えたりする、というメッセージだということ。



人見知りなことがコンプレックスだった時期に出会った言葉です。なんというか、タモリさんが言ってくれるとすごく安心します。「別に人見知りでもいいんだ」と救われた気分になりました。



だって、本当に夢を叶える人は、夢の中にいるんだから。

夢を叶える方法だったり、マインドマップ書いたりだとか違う方向に行ってしまいがち。

夢中っていう状態になるくらいのめり込むから、本気になるから叶うんだというメッセージ。






友達なんていなくていいんだ

タモさん自身は、大勢の芸能界の仲間に囲まれているように、見える。なのになぜこのコメントを言うのか。それは「友だちが大事」「友だちをつくろう」という風潮に対してのカウンターとしてのコメントなのだろう。


友だちがいないと落ち込むよりも、もっと自分が楽しいと思うことに時間を使う方がいい。SNSが発達した今だからこそ、心に響く言葉だ。




「ありのままの自分なんてのは1秒もない」

人間の細胞が常に入れ替わっているように「自分」なんて固まったものは存在しない、というタモさんの哲学が詰まった一言。


「自分らしく」「本当の自分」「新しい自分」そんなすべてを否定することで人は自由に生きられるのである。



「今日を今日のために生きる」

タモさんが「ヨルタモリ」で放った名言。「向上心のあるやつは、明日のために今日を生きる。そうじゃない、今日は今日のために生きるんだ」という実はすごく当たり前の言葉。前の「反省はしない」と組み合わせると、タモさんの哲学の本質が見えてくる。



あえて好感度を上げない

他人の評価をあまりにも気にすると、「本当の自分」を出せなくなってしまう。

その結果、いつも仮面をかぶった状態になり、息苦しくなってしまいます。

タモリさんは言います。



あえて立派にならない

「お金持ちになりたい!」、「出世したい!」と向上心を持って努力すれば、やがて幸せになれる。

多くの人が、そう思っているはず。

しかし、タモリさんの幸福論は正反対です。


人間にとって一番恥ずかしいことは、立派になることです。僕にダンディズムがあるとすれば、このへんですね。


立派になれば、責任が回ってくるし、常に緊張を強いられる。「そんなストレスを抱えて、幸せですか?」というのがタモリさん流の考え方。



他人を信頼しない

タモリさんの考え方の基本は、「自分も不完全だけど、他人だって不完全」。

だから、いつも「謙虚」&「寛容」でいられるのでしょう。



イヤな人とは距離を置く

イヤな人とは、無理してまで付き合わない。そして、好きな人に囲まれて生きる。

これが、ストレスを溜めない上手な生き方の基本でしょう。

タモリさんも、この基本を大切にしているようです。



「タモリの生き方」は憧れの的なのか?

日本の代表的なエンターテイナーとして
今も「ブラタモリ」などのTV番組で活躍しているタモリさん。


いつも肩肘張らず、飄々とした姿は、ビジネスパーソンにも根強い人気があるようです。
しかし、タモリさんは


早稲田大学第2文学部で西洋哲学を学んだ「哲学青年」という別の顔も持ち合わせており
自分自身の人生に悩み、考え抜いた末に到達したのが「自由気ままに生きる」 という人生哲学だそうです。


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード